売却

不動産売却で良い条件で売れる方法を教えます|業界歴30年の社長が解説

良い条件で売れる方法

最近予定外のことで不動産売却で良い条件で売れる方法について色々とお考え中ですか?

不動産業界は少し特別な業界です。不動産売却ではさらに専門用語や法律関係にも知識が必要です。

ネットで色々と調べて理解出来たようでも何かと不安を感じたりすることもアルと思います。

今回この記事を読んでいただくことで、きっとモヤモヤした感じが整理されるのではないかと思います。

筆者はこのホームページを不動産取引のビジネスの為に作ったわけではありませんので、直接売却方法などの相談に乗って差し上げることが出来ませんが、現役の不動産会社の社長をしており、不動産業界の経験はもう30年になります。

筆者からの正しい知識を得ていただいた、あなたの不動産売却が安全に取引される手助けになれば幸いと考えています。

では解説を進めて行きます。

不動産売却で良い条件で売れる方法を教えます

方法

出鼻をくじいてしまいそうですが、「良い条件」といいますのは、実は人によって違いがあります。

ただ大きく分けることは出来るので、その方向で解説します。

方法は3つあります。

1.早く不動産を売却する(完了する)

2.高い価格で売却する

3.1と2の折衷(せっちゅう)案です。なるべく早く、なるべく高くという考え方です。

しかし、実はこの「早く」と「高く」は両立しません。

早く売れるということは、安い価格になります。

高い価格で売れるということは、その不動産を高い価格でも買ってくれるということですから、時間がかかり、遅くなるということです。

何の商品でも基本原則は同じです。ただ不動産には全く同じものは存在しないという特徴があるだけです。

基本原則は、安い価格で購入希望する人は、たくさんいます。

対して高い価格でも買うという人は、非常に少なくなります。

では各項目について具体的解説します。

 

不動産売却が良い条件で売れる具体的な情報は?

解説

3つの方法はそれぞれ違いますので、分けて解説します。

早く売る方法

不動産会社の広告で、早く高く売る方法は、互いに矛盾することです。現実としてはあり得ません。

不動産を売るということは、買う人がいるということですから、常にその関係性の上でしか成立しないことを理解して下さい。

早く売る方法というのは、相場価格よりも多少安くなるとしても、何かの事情で時間が限られているという状況の場合に起きる売主さんのニーズです。

実際にどのくらい安くなるのかと言えば、市場によって異なりますので、ここで性格に何割安くなるということは無責任になってしまうのでやめておきます。

どのくらいの早さが必要なのかによって、アドバイスは違います。

例えば、1ヶ月以内には、不動産の売買契約も代金の授受も所有権の移転登記も終わらせたいのだとなりますと、買ってくれる相手は自動的に決まります。

それは、不動産の買い取りを専門に行なっている業者に買ってもらう方法です。

この方法ですと、全ての手続きの日時予定がすぐに明確になります。

価格の目安は、概ね2〜3割は下がります。ただ物件の状態が鍵になります。買い取り業者は買い取った後でリフォームをかけ自社の利益を見込んでた中古物件よりも高い価格で売り出します。(売り出した時には買取会社として、通常2年間の保証をつけます。保証できない部分は全部リフォームします)

内装程度のリフォームで済むのか、設備も必要なのか、外観(外壁・屋根)の工事も必要なのかによって価格が決定します。

価格の要素には、そのエリアが人気があるのかないのか、他にも不動産が売られているのかいないのか、などがあり、さらに世の中全体の景気感は、と見ていきますので、悪い時は4割引になる可能性もあります。

ただし、非常に大きなメリットがあります。

それは買い取ってもらう時に、不動産に対する保証を売主さんが負担する保証は全くゼロで取引できることです。

通常引き渡しから3ヶ月は売主は買主に瑕疵担保責任という保証をしなくてはなりません。それが完全にゼロということは、価格が下がったとしても大きな安心になります。

 

確かに早い方がいいけども2ヶ月ほどは時間があるという場合ならば、通常の売買仲介で相場価格よりも10〜15%ほど下げた価格で売り出すことで、2ヶ月以内ほどの引き渡しは可能です。

ただし、不動産会会社の買取と違うのは、「確定」ではないことです。

あくまでも仲介ですので、買主が具体的にいることが前提になります。

仲介会社に見込み客がいたとしても、その方のローン審査がOKにならなければ、話は進みませんし、世の中の市況の変化によっては、価格が想定より下がることもあり得ます。

ノーリスクで安心できる不動産会社の買い取りがいいか、通常の売買仲介で相場より少し安めの価格で売りに出すかという選択です。

こちらの記事も参考にご覧下さい

不動産売却時にかかる税金

高く売る方法

高く売るということは、過去の取引相場よりも高く売るということか、今現在の他の不動産と比較して高い価格で売りに出すかと、という選択になります。

せっかく邸に入れた不動産であり、思い入れもあるし、せっかくなら高い価格で売りに出すということです。

可能性があるのは、過去の取引相場よりも高く売る方法です。

これは世の中の景気感が高まっていることが条件になります。

現実には最近で言えば、2016年1017年には、そういう感覚がありました。

ただしエリアによって違いますので、一概には言えません。

過去の相場より高く売るにしても、周辺のライバル物件よりも高く売るにしても、基本的には、そのエリアの中の他の不動産が売れるまで、じっくりと待つという作戦になります。

ライバル物件がなくなると、人気のあるエリアであれば、他にライバルがいなくなった時に、ようやく売れる可能性が強くなります。

メリットは高く売れることです。明確です。

ただデメリットはそれが確定していないことであり、後から後から売り出して来る不動産が増える可能性があります。

また、通常、営業はなんとか買主さんの目に止まるよう広告の写真を替えたり、キャッチコピーを変えるなどの工夫をして、買主さんに不動産情報のページをクリックさせるよう努力をします。

 

ところが、価格の高い物件は買主さんに物件を調べてもらえるチャンスがほとんどありません。買主は価格条件を設定して不動産情報を調べるからです。調べた結果、物件がなければ、調べる価格を少しずつ高めていきますので、他にライバル物件がある間は、買主さんからは「見つからない状態」にありますので、営業が何度写真を変えたりセールコピーを変えても状況は変わりません。

打つ手がない以上、ライバル物件が全部売れるまで、「待つ」ということが唯一の作戦になります。

折衷(せっちゅう)案で売る方法

早く売れることと高く売れることは、両立しないです、と解説しました。

この3番目の方法は、そうはいってもなるべく高く売れれば、引き渡し時期は数ヶ月待ちます、という場合に可能です。

比較される可能性あるエリアの中のライバル物件の状況を毎日のようにチェックして、必要に応じて、2〜3週ごとに売り出し価格を数10万円調整(下げすぎることのないように)し、価格調整変更するたびに、広告用写真やコピーもリニューアルして、演出していく方法です。

この方法は、不動産会社の負担が一番大きいかもしれません。基本的に毎日調べて状況を確認する必要があるからです。

筆者は、時間の確定はできませんが、結果的には、高めの価格で売れる可能性はありますので、一番オススメする方法です。

もう少し詳しく、こちらのページで紹介していますので、よろしければ参考にどうぞ。「価格戦略を成功させて不動産を高く売る

まとめ

不動産売却で良い条件で売る方法の紹介は、以上です。

冒頭にも解説した通り、良い条件と言いますのは、お客さんの考え方や状況により異なります。

ですので3つの方法の中で、この方法が一番です、という提案はありません。それぞれに適した状況があるからです。

それは不動産会社の担当者が、売主さんの考え方や状況を総合的に判断し、提案してくれるものです。

たとえば、価格については、世の中の市況が強く影響しますので、今はとても厳しいとアドバイスがあれば、2番目の高い価格で売る作戦は消えるかもしません。

 

残念ながら、筆者が直接あなたの物件の査定やアドバイスは出来ませんので、利用価値の高い査定サイトを紹介します。

ネット一括査定には実は弊害もあります。詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください(現役社長が解説|不動産売却時の注意点4つの場面

しかし、少なめの会社数でネット査定をしてもらうことで、ネット一括査定のメリットを生かしつつ利用すのでが良いと思います。

筆者オススメするのは、こちらの一括査定です。

【300万】高く売れた!厳選された不動産会社を最大3店舗ご紹介。

 

ABOUT ME
myubog221
現役の不動産会社社長です。不動産業界に30年間従事してきました。9年前に不動産会社として独立起業。全国ネットの不動産フランチャイズグループに加盟し8年目を迎えています。会社は、売買仲介業に特化し、一般の居住用物件(マンション、戸建、土地、)を中心に取り扱っています。専門性の高い、「不動産」を中心に、つれづれ的に様々な事にに関する様々なことについて、解説していきます。