投資信託のポートフォリオの作り方|期待リターンと運用コストで選定

投資信託 ポートフォリオ 作り方投資

投資信託ポートフォリオは、期待リターンと運用コストで選定します。

・その理由は、長期的な運用により、リターンの向上が期待できるためです。

・投資信託のポートフォリオを選定するために、始めることを紹介します。

投資信託のポートフォリオは どのように決めればよいのか、とお考えのあなたへ。

その悩みが解決しないために、そのまま放置していませんか。

この悩みを解決するには、投資信託のポートフォリオは、期待するリターンと運用コストを考慮して選定することを理解しましょう。

 

その理由は、長期的な運用により、実績リターンの向上が期待できるためです。

投資信託のポートフォリオを選定するために、具体的に始めることを紹介します。

この記事を参照することで、投資信託のポートフォリオをどのように決めればよいのかが わかるようになります。

 

スポンサーリンク

投資信託のポートフォリオの作り方|リターンとコストで選定

投資信託 ポートフォリオ 作り方

 

投資信託のポートフォリオは、期待するリターンと運用コストを考慮して選定することです。

投資信託とは、購入した人から集めたお金を運用して、成果を還元する金融商品のことです。

ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことです。

 

投資信託を購入した人から集めたお金は、資産 (株式、債券など) に投資して運用します。

投資する資産の地域には、国内、海外 (先進国、新興国) があります。

 

投資する資産と地域の組み合わせにより、リターン (収益) とリスク (価格変動) が異なります。

株式に投資して運用すると、高いリターンが期待できますが、リスクは大きくなります。

債券に投資して運用すると、少ないリターンが期待できますが、リスクは小さくなります。

海外の株式や債券などに投資して運用すると、為替変動の影響により、リスクは大きくなります。

 

このため、投資信託を購入する人は、期待するリターンがどれくらいかを考慮して、ポートフォリオを選定することが重要になります。

また、投資信託は、運用の成果が良い場合でも、悪い場合でも、毎日 運用コストが発生します。

運用コストは、金融商品ごとに異なりますが、投資信託を購入する人の意志で、管理可能なコストです。

このため、投資信託を購入する人は、運用コストがどれくらいかを考慮して、ポートフォリオを選定することが重要になります。

 

 

スポンサーリンク

投資信託のポートフォリオ作り方でリターン向上が期待

投資信託 ポートフォリオ 作り方

 

期待するリターンと運用コストを考慮してポートフォリオを選定する理由は、長期的な運用により、実績リターンの向上が期待できるためです。

 

リターン (収益) は、リスク (価格変動) があるため、不確実です。

それでも、期待するリターンとして、高いリターンを選択した場合は、長期的な運用により、結果として、実績リターンが向上する可能性が期待できます。

また、運用コストが低い投資信託を選択した場合は、固定費を削減して長期的な運用ができるので、結果として、実績リターンが向上する可能性が期待できます。

 

 

スポンサーリンク

投資信託のポートフォリオを作り方|選定するために始めること

投資信託 ポートフォリオ 作り方

 

投資信託のポートフォリオを選定するために、具体的に始めることを紹介します。

 

投資信託ポートフォリオ|毎月購入金額と期待リターンを選定

毎月購入する金額と、期待するリターン (高い方がよいか、低い方がよいか、など) を選定します。

 

投資信託ポートフォリオ|投資する資産と地域の組み合わせを選定

投資信託のポートフォリオとして、投資する資産 (株式、債券など) と地域 (国内、海外 (先進国、新興国) )の組み合わせを選定します。

投資信託のポートフォリオとして組み合わせを選定したら、具体的な構成割合を明確にします。

期待するリターンが高い方がよい場合は、株式の割合を50%以上にしましょう。

 

例えば、日本の年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人は、次の割合で運用しています。

[基本ポートフォリオ (長期的な観点からの資産構成割合)]

・国内株式 25%、海外株式 25%

・国内債券 35%、海外債券 15%

 

[2019年6月末時点の資産構成割合]

・国内株式 23.50%、海外株式 26.43%

・国内債券 26.93%、海外債券 18.05%

・積立金など 5.09%

[参照元:2019年9月10日時点「年金積立金管理運用独立行政法人 – 2019年度の運用状況」]

 

投資信託ポートフォリオ|購入する投資信託を選定

投資信託のポートフォリオに基づき、購入する投資信託を選定します。

投資信託は、毎日 運用コストが発生します。

少しでも実績リターンが向上することを目指す場合は、ポートフォリオに該当するものの中から、運用コストが低いものを選定するようにしましょう。

また、購入する販売会社は、購入時や換金時の手数料がなるべくかからない販売会社を選定するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

投資信託のポートフォリオは、期待するリターンと運用コストを考慮して選定することです。

その理由は、長期的な運用により、実績リターンの向上が期待できるためです。

投資信託のポートフォリオを選定するために、具体的に始めることについて紹介しました。

自分の資産運用として、投資信託について検討している場合は、投資する資産と地域の組み合わせと、購入する投資信託を選定することからはじめてみましょう。

 

 

関連記事一覧

  1. NISAとはなにか?投資に役立つ3つの制度を徹底解説
  2. 投資信託|ひふみプラスの評判について
  3. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  4. 投資信託の基準価格は1口あたりの値段!購入・換金に利用する
  5. インデックスファンドで分散投資を始める!
  6. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  7. 投資信託の口数と基準価額|おすすめの買い方
  8. 投資信託の利益の税金計算について
  9. 投資信託のポートフォリオの作り方|期待リターンと運用コストで選定(当記事)
  10. 投資信託がマイナスになったらどうすればいいの?
  11. 投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること
  12. 投資信託|ピクテグロインっておすすめなの?
  13. 投資信託の申込日・約定日・受け渡し日
  14. 投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
タイトルとURLをコピーしました