投資信託の基準価格は1口あたりの値段!購入・換金に利用する

投資信託 基準価格 1口金融

投資信託基準価格は、時価で表した1口あたりの値段です。

・なぜならば、投資資産の時価や運用の収支を反映した値段であるためです。

・購入検討時に、投資信託の基準価格とともに着目したい値を紹介します。

投資信託に興味はあるけど、基準価格とは どのようなものなのか、と思っていませんか。

投資信託の基準価格は どのようなものなのか、という悩みが解決しないために、そのまま放置していていませんか。

この記事を参照することで、投資信託の基準価格がわかるようになります。

 

スポンサーリンク

投資信託の基準価格は1口あたりの値段

投資信託 基準価格 1口

 

投資信託の基準価格は、購入・換金に利用するために、時価で表した1口あたりの値段です。

(基準価格は、正式には「基準価額 (きじゅんかがく)」と表現します)

 

投資信託の基準価格を計算する方法は、次の通りです。

[投資信託の基準価格を計算する方法]

・純資産総額 (※1) ÷ 総口数 (※2) = 基準価格 (※3)

※1 純資産総額 (じゅんしさんそうがく) とは、投資資産 (株式や債券など) を時価で評価した額の総額に、運用で得た収入 (配当金や利子、売却益など) を加え、運用で発生した支出 (資金を運用、管理するための料金) を差し引いた金額のことです。

 

※2 総口数 (そうくちすう) とは、販売した投資信託の取引単位 (口数 くちすう) を合計したものです。

 

※3 基準価格は、小数点以下の値にならないように、口数を 1万単位にして、値段を表示する場合があります。(例えば、1万口あたり 9,800円 と表示します)

 

投資信託の1口あたりの基準価格は、運用会社の営業日ごとに1回、取引が終了した後に計算します。

このため、営業日の翌日には、販売会社などのホームページや日本経済新聞などの新聞で、最新の投資信託の基準価格を確認することができます。

 

 

スポンサーリンク

投資信託の基準価格は、投資資産の時価や収支を反映

投資信託 基準価格 1口

 

投資資産の時価や、運用で得た収入、運用で発生した支出を反映した価格が、基準価格(1口あたり)です。

投資信託の基準価格を計算式の分子は、純資産総額 (じゅんしさんそうがく) です。

 

純資産総額とは、投資資産 (株式や債券など) を時価で、評価した額の総額に、運用で得た収入 (配当金や利子、売却益など) を加え、運用で発生した支出 (資金を運用、管理するための料金) を差し引いた金額のことです。

このため、投資信託の基準価格は、投資資産の時価や、運用で得た収入、運用で発生した支出を反映した値段となります。

 

 

スポンサーリンク

投資信託の基準価格とともに着目したい値

投資信託 基準価格 1口

 

購入検討にあたって、投資信託の基準価格とともに着目したい値を紹介します。

 

純資産総額

純資産総額 (じゅんしさんそうがく) とは、投資資産 (株式や債券など) を時価で評価した額の総額に、運用で得た収入 (配当金や利子、売却益など) を加え、運用で発生した支出 (資金を運用、管理するための料金) を差し引いた金額のことです。

 

純資産総額の値が右下がりの場合は、投資資産の時価が減少していたり、運用がうまく行われていなかったり、解約して換金する人が多い可能性があります。

このような状況が続き、運用会社が運用できないと判断した場合は、強制的に解約して換金 (繰上償還 くりあげしょうかん) となります。

このため、投資信託の基準価格を確認する時には、純資産総額の推移にも着目するようにしましょう。

 

分配金

分配金 (ぶんぱいきん) とは、運用で得た収益を、保有している投資信託の取引単位 (口数 くちすう) に応じて分配するお金のことです。

分配金は、純資産総額から差し引いて支払うため、分配金の支払いにより、純資産総額が減少し、結果として、投資信託の基準価格が減少します。

このため、投資信託の基準価格を確認する時には、分配金の推移にも着目するようにしましょう。

 

信託報酬

信託報酬 (しんたくほうしゅう) とは、資金を運用、管理するための料金のことです。

信託報酬は、純資産総額の計算上、運用で発生した支出として差し引くものなので、結果として、純資産総額の減少に寄与しています。

このため、投資信託の基準価格を確認する時には、信託報酬の値にも着目するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

投資信託の基準価格は、購入・換金に利用するために、時価で表した1口あたりの値段です。

なぜならば、投資資産の時価や、運用で得た収入、運用で発生した支出を反映した値段であるためです。

購入検討にあたっては、投資信託の基準価格とともに着目したい値として、純資産総額、分配金、信託報酬があります。

もし興味を持った投資信託があるなら、まずは基準価格と着目したい値について、確認することからはじめてみましょう。

 

 

関連記事一覧

  1. NISAとはなにか?投資に役立つ3つの制度を徹底解説
  2. 投資信託|ひふみプラスの評判について
  3. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  4. 投資信託の基準価格は1口あたりの値段!購入・換金に利用する(当記事)
  5. インデックスファンドで分散投資を始める!
  6. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  7. 投資信託の口数と基準価額|おすすめの買い方
  8. 投資信託の利益の税金計算について
  9. 投資信託のポートフォリオの作り方|期待リターンと運用コストで選定
  10. 投資信託がマイナスになったらどうすればいいの?
  11. 投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること
  12. 投資信託|ピクテグロインっておすすめなの?
  13. 投資信託の申込日・約定日・受け渡し日
  14. 投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
タイトルとURLをコピーしました