投資信託の選び方・始め方|知っておくこと

投資信託は長期の資産運用の一つです。

選び方や始め方に関して、知っておくべきことがあります。

 

 

投資信託の基準価格は1口あたりの値段!購入・換金に利用する

投資信託 基準価格 1口

投資信託の基準価格は、1口当たりの値段です。

基準価格(基準価額)は、投資資産の時価や、運用で得た収入、運用で発生した支出を反映した価格が基準価格です。

 

 

基準価格とともに着目しておく値は、純資産総額・分配金・信託報酬です。

まず、上記の値を確認し、購入検討するのです。

詳しくは、本文下のリンクから。

 

 

 

投資信託の利益の税金計算について

投資信託 利益 税金 計算

投資信託で、利益が出れば、税金を払う必要があります。

 

投資信託の利益の税金計算について紹介します。

投資信託の利益は、投資信託を解約した時に、確定します。

また、税金は、投資信託分配金にもかかります。

ただし、特別配当金や元金払戻金には、税金がかかりません。

普通分配金には、税金がかかりますので、ご注意ください。

 

この面倒な利益や税額の計算をするのが、なかなか面倒です。

そんな時には、特定口座がおすすめです。

特定口座で、源泉徴収ありを、選んでおくと、銀行や証券会社が税金を計算して、税金分を差し引いた後の金額を受け取ることができます。

 

 

NISAとはなにか?投資に役立つ3つの制度を徹底解説

NISA投資

NISAは、個人投資家のために設定された制度です。

NISAを利用することで、税金による税金がかからなくなります。

主に、3つの制度があります。

 

通常のNISA、つみたてNISA、ジュニアNISA、です。

それぞれ、目的や制度内容が異なります。

つみたてNISAを利用すれば、長期間非課税で、投資が可能になります。

 

 

投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ

投資信託 選び方

投資信託を選ぶ時には、投資対象と運用方針を基準にすることです。

 

運用方針には、インデックス型とアクティブ型があります。

 

リスクとリターンが異なります。

インデックスよりも、アクティブの方が、リスクとリターンが大きくなります。

詳しくは、本文下のリンクから。

 

 

 

投資信託のポートフォリオの作り方|期待リターンと運用コストで選定

投資信託 ポートフォリオ 作り方

投資信託のポートフォリオは、期待リターンと運用コストで選定します。

長期的な運用をすることで、実績リターンの向上を期待できるためです。

ポートフォリオでは、投資する資産と地域の組み合わせで選定します。

そして、購入する投資信託を選定します。

 

 

投資信託|ひふみプラスの評判について

投資信託 ひふみ

投資信託では、有名な「ひふみ」について、紹介しています。

 

「ひふみ」は、金融グループに属していない、独立系です。

また、「ひふみ」は、インデックスではなく、アクティブファンドです。

「ひふみ」には、「ひふみ投信」と「ひふみプラス」があります。

それぞれ、購入先が違います。

どちらも、運用実績が高いことから、人気あるファンドです。

 

詳しくは本文下のリンクから。

 

 

 

 

詳しくはこちらから

  1. 投資を学ぶ
  2. 投資信託の選び方・始め方|知っておくこと ★当記事
  3. 投資信託の仕組みについて知っておくべきこと
  4. 投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
  5. 投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること
  6. インデックスファンドで分散投資を始める!
投資信託 基準価格 1口
最新情報をチェックしよう!