投資信託の選び方を勉強する

投資信託 選び方 始め方投資信託

投資信託は長期の資産運用の一つです。運用はプロがしてくれますので、自分で勉強し運用していくよりも安定的な資産運用が期待できます。

選び方や始め方に関して、知っておくべきことがあります。

 

 

スポンサーリンク

投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ

投資信託 選び方

投資信託の選び方の最初は、その投資信託の運用先の地域と商品の組み合わせを選ぶことになります。主要なものとして、国内債券・国内株式・海外債券・海外株式があります。

次に、ファンドの運用方法を選びます。インデックス型とアクティブ型です。インデックス型は、TOPIXや日経平均株価などの指数をもとに運用するように設計されています。ある意味で機械的かもしれませんが、手堅く増えていく印象があります。

もう一つのアクティブ型は、ファンドマネージャーが高いリターンを狙って、めいがr選択や投資手法を組み合わせていくのです。個人投資家は、ファンドマネージャーの手腕に委ねることになります。上手くハマると爆発的に伸びますが、当然その逆のケースもあります。

投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
投資信託について検討してみたい、と考えたことはありませんか。 この記事でお伝えすることは、次の通りです。 ・投資信託の選び方は、投資対象、運用方針を基準にして選びましょう。 ・投資対象・運用方針により、リスクとリターン...

 

 

スポンサーリンク

投資信託|ひふみプラスの評判について

投資信託 ひふみ

投資信託では、有名な「ひふみ」について、紹介しています。

「ひふみ」は、金融グループに属していない、独立系です。また、「ひふみ」は、インデックスではなく、アクティブファンドです。「ひふみ」には、「ひふみ投信」と「ひふみプラス」があります。それぞれ、購入先が違います。どちらも、運用実績が高いことから、人気あるファンドです

投資信託|ひふみプラスの資産残高と運用実績
株式の投資信託で有名な「ひふみ」。 投資信託は英語やカタカナのむずかしい名前がおおいですが、「ひふみ」はひらがな。 少しめずらしいですね。 いったい、どのような投資信託なのでしょう? 投資をしてもだいじょうぶなのでし...

 

 

スポンサーリンク

投資信託|ピクテグローバルインカムっておすすめなの?|ピクテグロイン

投資信託 ピクテグロイン

ピクテのグロイン(ピクテ・グローバルインカム)は、人気の投資信託です。ただ、人気の理由は、銀行や証券会社が薦めるからではないかと思われます。

運用先は、世界の公益企業株です。公益企業の安定性は確かだと思いますが、成長企業とは言えません。また気になるのは、毎月分配型であることです。一見、お得感があるように感じられますが、投資信託の本質は、手堅く複利で利益が膨らんでいくことにあります。

そのためには、分配金は無しにして再投資をしていくことで、複利の機能が生きてきます。毎月分配では複利の期待値がありません。

投資信託|ピクテグローバルインカムっておすすめなの?|ピクテグロイン
投資信託のピクテのグロイン。 ・海外の株式で運用する人気の投資信託です。 ・毎月分配金を受けとることができます。 ・長期的に資産を増やしたい方にはおすすめできません。 ピクテ・グローバル・インカム...

 

 

スポンサーリンク

投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること

投資信託 勉強方法

投資信託の勉強法で有益なのは、具体的に金融商品を選定してみることです。また、早々に口座開設をして、実際に始めてみることが最速最良の勉強法と思います。

それは、株と違い、利益や損失が発生するのがずっと先のことだからです。株と同じように投資信託を短期で売買した場合には利益を出すのは、大変です。投資信託の方が手数料がかかるからです。

手数料が余計にかかったとしても投資信託が魅力があるのは、分配金を再投資することで、長期になる程複利で利益が膨らんでいくからです。ですので、実際に購入して勉強しながら買い足していくのが、最良の勉強法となります。

投資信託の勉強方法は具体的に金融商品を選定すること
投資信託の勉強をしたいが、具体的に何をしたらよいのか、と思っていませんか。 初めて投資信託の購入を検討していると、不安になり、本を読んで勉強した方がよいのかな、と迷いが生じますよね。 初めて投資信託を購入しようか検討して...

 

 

スポンサーリンク

投資信託の相談はどこですればよいの?

投資信託 相談 どこ

現在はネット上の情報でもかなり信頼できる情報がたくさんありますので、ネット検索をして調べたり、メールで相談することも可能になりました。

それでも、担当者の顔を見て相談したい人もいるでしょう。そんなときには、銀行や証券会社に相談する人が多いと思いますが、銀行や証券会社で相談をするのは、あまりお勧めはできません。

銀行や証券会社では、どんなに穏やかに接してくれたとしても、販売担当者には二重の圧力がかかっています。一つは、販売担当として、販売しない相談はできないということです。もう一つは、自社にとって利益の少ない商品は積極的には勧めてくれないということです。

ですので、手数料が安いネット系(購入時手数料なしもあります。ノーロード商品)で扱う投資信託の数と銀行や証券会社で扱う投資信託の数が違うのです。手数料がかからない投資信託を顧客に進めるわけにいかないからです。

どうしても、面談してアドバイスを受けたい場合は、独立系のFPが良いです。独立系とは、企業に所属していないということです。ただ、回数や時間によって、有料になりますので、事前に確認された方がいいです。

投資信託の相談は独立系FPが一番おすすめ
投資信託でどのように運用すればよいの?どこに相談すればよいの?と思ったとき ・銀行や証券会社に相談するのはおすすめではありません 。 ・最近注目を集めているのが独立系フィナンシャルアドバイザーです。 投資信託で...

 

 

 

 

 

詳しくはこちらから

  1. 初心者にもわかる投資信託の選び方と仕組み
  2. 投資信託の選び方を勉強する ★当記事
  3. 投資信託の仕組みについて
  4. 投資信託の初心者は最初に覚えた方がいい
  5. 投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
  6. 投資信託|ひふみプラスの評判について
  7. 投資信託|ピクテグローバルインカムっておすすめなの?|ピクテグロイン
  8. 投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること
  9. 投資信託の相談はどこですればよいの?
タイトルとURLをコピーしました