投資信託の分配金なしのメリットは?

この記事でお伝えすることは次のとおりです。

・分配金なしの投資信託は、中長期で資産を増やすのにむいています。

・分配金なしの投資信託は、もうけをさらに運用することができます

・分配金なしの投資信託は、運用中の税金をさけることができます。

 

投資信託には、分配金ありの投資信託と、分配金なしの投資信託があります。

分配金ありの投資信託、とくに分配金を毎月支払う投資信託はとても人気があります。

一方、分配金なしの投資信託は、もうけを受けとることができないため、損な気がします。

しかし、そのようなことはありません。

 

この記事で、投資信託の分配金とは何か、分配金なしの投資信託はなぜメリットがあるのかについて理解いただけます。

では、解説いたします。

 

 

投資信託の分配金なしのメリットは?

投資信託 分配金なし メリット

 

投資信託の分配金とは

投資信託の分配金には、預金の利息のように、投資信託の利益というイメージがあります。

 

しかし、投資信託の分配金は少しちがいます。

投資信託の分配金は、利益を払うこともできますが、元本を取りくずして払うこともできるからです。

 

・投資信託の利益を払い出す分配金

通分配金とよばれる分配金です。

投資信託のもうけから支払われるため、受けとった方の利益です。

預金の利息と似ています。

 

・投資信託の元本を取りくずして払い出す分配金

特別配当金や元本払戻金とよばれる分配金です。

元本を取りくずして支払っているため、受けとった方の利益ではありません。

自分で払ったものを受け取っているだけです。

 

 

 

投資信託の分配金なし|ダメな投資信託ではない

投資信託の分配金をどのように払うのかは、それぞれの投資信託であらかじめ考え方が決まっています。

 

分配金ありなのか、分配金なしなのか。

分配金ありの場合も、分配金をいつ払うか。毎月なのか、1年に1回なのか。払い出すタイミングも決まっています。

 

つまり、分配金ありと分配金なしの投資信託は、その投資信託がどのくらい利益をあげているのかとは関係ありません。

分配金なしの投資信託はもうかっていないわけではなく、利益を受け取れないダメな投資信託でもありません。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-saitousi/ target=]

 

 

投資信託の分配金なしのメリット

投資信託 分配金なし メリット

 

分配金なしの投資信託はダメな投資信託ではないことはわかりました。

それどころか、分配金なしの投資信託は資産を増やすためにはとてもメリットがあります。

 

 

投資信託の分配金なしのメリットは「複利の力をいかす」

分配金なしの投資信託は、利益が上がっても払い出さずに、利益を投資信託の中にためておきます。

 

そのため、利益をさらに運用に回し、運用に回った利益でさらに利益を生むことができます。

この利益が利益を生む力のことを“複利の力”といいます。

中長期で資産を増やすためには、この“複利の力”をいかすことがとても大切です。

 

反対に利益を分配金として払ってしまったら、複利の力をいかすことができません。

ましてや大切な元本まで払い出してしまったら、増やすことが期待できなくなってしまいます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-saitousi/ target=]

 

投資信託の分配金なしのメリットは「税金をさける」

投資信託の利益を分配金として受け取ったら、その利益に税金がかかります。

今の税率は20.315%です。

 

分配金ありの投資信託でも、分配金再投資という方法で、分配金を自動で運用にまわすしくみあります。

 

この方法だともう一度運用することで複利の力をいかせそうです。

しかし、受け取ったときに税金を取られてしまいますので、その分が損です。

 

一方、分配金なしの投資信託では、もうけを投資信託の中にためておくことができます。

運用中の税金の支払いをさけることができますので、分配金なしの投資信託はその分がお得です。

 

 

まとめ

 

投資信託には、分配金ありと分配金なしの投資信託があります。

中長期で資産を増やそうとすると場合は、分配金なしの投資信託で、なるべく分配金を受け取らず、長く運用するほうが有利です。

分配金なしの投資信託で、じっくりと資産を増やしましょう。