投資と投機と資産運用|違いをわかりやく解説!

契約成立金融

投資と投機、そして資産運用は似たような言葉でややこしく迷ってしまう方もいるかもしれません。

しかしこの3つの意味はまったく違います。

 

わかりやく言えば、投資とは利益を獲得するために事業などに、長期的にお金を投じることです。

また、お金を株式や債券などに変えて利回りを得るというとも投資です。

投機は、市場の価格の変化・機会を予測し、その差によって利益を獲得するような売買のことを指します。

資産運用とは、将来の目標を立てて、その目標に向かってポートフォリオを組んで、資産を運用することです。

 

以上のように、意味に違いがある投資と投機、そして資産運用ですが、それぞれの特徴や

安全性に関して説明してきます。

 

 

スポンサーリンク

投資と投機と資産運用|違いをわかりやく解説!

投資 投機 違い

 

投資は、前述の通り、利益目的で事業にお金を投じたり、利回りを得るために株式や債券を所得するということです。

ちなみに利回りとは、元金(最初に投下したお金)に対する利息や利益配当または、株価に対する配当金の割合のことを指しています。

 

以上から分かるように、利息や利益配当、配当金を獲得するために株や債券を購入することは投資と言えます。

また、株式の場合は企業にお金を投じていることになります。

企業が株式によって集めた資金により成長することによって株価が買ったときの価格よりも上がることで、その株を売れば利益も獲得することができます。

これも投資といえます。

 

このように投資は、長期的な所有を行うことが多いです。

短期的な価格の変化よりも長期的な視点が必要です。

このような特徴が投資にはあります。

 

 

スポンサーリンク

投機とは何?投資との違い

投機 投資

 

投機は、市場の価格変化・機会によって利益を得ることを目的としてお金を投じています。

例えば、株式投資を行うような場合、株価が上がることや下がることを色々な要素から予測し、その機会によって利益を得るような取引を投機といいます。

以前流行った仮想通貨の取引も価格の上昇や価格の下落を予測することによって、利益を得ていました。

 

このため短期的な取引をする場合が多く、取引の期間が短く数をこなします。

短期の価格変化が重要なので常に価格に注意することが必要でしょう。

これらから価値の変化によって利益を得るデイトレード、スイングトレードなどは投機に区別されます。

投資とは利益を得る手段に違いがあります。

これにより期間の違いや値動きへの意識の違いなど様々な違いが生まれています。

 

スポンサーリンク

資産運用とは何か

資産運用とは、既に持ってる株式などの資産を元にして、将来の目標を立てて、その目標に向かって、投資を繰り返して、資産を増やしていくことです。

資産運用は、最終的に資産を増やすことに目的があります。

ですから、投資や貯蓄をするだけではなく、節税をしたり、低金利のローンに借り換えをするなども、資産運用の一つとなります。

 

ですから、税金の情報や知識も必要となります。

相談する先は、税理士でも良いし、投資も含めた総合的なアドバイザーとして、ファイナンシャルプランナーに相談しても良い。

 

もしも、資産が株式や投資信託だけであれば、証券会社の担当も相談先と言えそうだが、最近はネット証券が多いため難しいかもしれない。

また、投資信託は銀行窓口でも販売しているが、銀行の手数料取り分を考えれば、利益は減ることになり、適切とは言い難い。

 

スポンサーリンク

投資は安全、投機は危険 二つの安全性の違いは?

安全性 投資 投機

投機は危険、ギャンブルだという声もよく聞きますが、株価の上昇、価値の変化の機会を予想して利益を獲得するには確かな実力が必要です。

そして、投機によって稼いでいるような人たちはリスクの管理、資金の管理を行い様々な情報を利用し先を予測し利益を得ています。

そのため投機の方が、危険とは一概には言えません。

 

一方、安全と言われることが多い投資も、必ず資産が増えるというわけではありません。

投資の場合でも配当金や事業の成長のために投資していても予想外のことが起こります。

会社が倒産し、元本も回収できなければ配当金ももらえないという事態が起きる可能性は十分にあるのです。

 

投資、投機どちらの場合も違いはありますが、損失を被る場合はありますし、投機だけが危険というわけでもありません。

どちらを行うにしても情報収集を行い、日々勉強しリスクを減らすことによって、安全性が高まり利益を獲得することができるでしょう。

投資と投機には手段には違いがありますが。利益を獲得することを目的としているという同じ面もあります。

またどちらにもリスクが潜んでいます。

投資と投機、どちらを行うにしても余剰資金で行い、自己責任で行うことが必要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

投資は利回り、企業の成長などによって利益を獲得し、投機は価格の変化によって利益を獲得します。

そのため期間や方法に違いがあります。

しかし、どちらもリスクが潜んでいることは忘れないでください。

投資、投機の違いを理解したうえで資金管理を行い大切なお金を失うことが無いように注意しましょう。

 

 

関連記事一覧

  1. 大学生で投資を始めることで人生が豊かに?
  2. 100円でもできる?積立投資の魅力とは?
  3. 人工知能によるAI投資とは?
  4. 初心者におすすめの投資勉強本 9選
  5. 投資を簡単に始めるには?どうすればいい
  6. 10万円で始められる投資の種類|おすすめ4選
  7. 投資の勉強はゲームアプリで無料でできる!おすすめ4アプリ
  8. 投資をする上で役に立つ覚えておくべき格言・名言 5選
  9. 投資ファンドとは何?重要な金融ワードを解説
  10. 投資をする上で大切な確定申告を徹底解説
  11. 不動産投資の3つの魅力と2つのリスクとは何か?
  12. 元本保証で安全に投資をするおすすめの方法4選
  13. 少額でも行える投資とは? 3つの方法について解説します。
  14. 投資の種類|ハイリターンから初心者向けまで
  15. よくわかる!FXによる投資とはどういうこと?
  16. 投資において大事なポートフォリオ|分かり易く解説します
  17. 投資に活用できる4つの資格|役立つ知識が身につきます
  18. デイトレードのやり方|メリットから銘柄選びのコツまで
  19. 投資と投機と資産運用|違いをわかりやく解説!(当記事)
タイトルとURLをコピーしました