投資信託の仕組みについて

投資信託 仕組み 投資信託
スポンサーリンク

長期的な資産運用には、投資信託が最適です。

投資信託は、ファンフォマネージャーが自分に変わって、運用をしてくれますので、自分自身の知識情報が万全ではなくても、安心できます。

 

しかし、中には投資リスクがあったり、利回りが想定外に低迷するなど、本来の長期運用の資産形成の考えから外れている投資信託もあります。

 

ですので、株式投資を行うほどでないにしても、投資信託の仕組みなどについて、知っておくべきことを学び、リスク対策をしておきたいものです。

 

詳しくは、下記のリンク先から、それぞれご覧いただけます。

 

 

スポンサーリンク

投資信託の仕組み|利益(運用収益)を分配するかしないか

投資信託 分配金なし メリット

投資信託には、分配金という仕組みがあります。

投資信託の運用が行われていく中で、年に1回、各投資家に分配されるお金のことです。

しかし、分配金は必ずあるものではなく、選択した投資信託によっては、「分配金なし」の投資信託もあります。

 

一見すると、分配金がある方が、良い投資信託というイメージがありますが、投資信託の長期資産運用の特徴からすると、必ずしも分配金がある投信が良い投資信託とはいえません。

それは、投資信託の本来の長期運用という特徴からすると、長期間の運用後に、資産が増えていく必要があります。

 

 

投資信託の仕組み|複利の効果・力

堅実に、長期にわたり、資産運用で資産が増えていくためには、分配金を再投資して「複利の力」を使い、資産を拡大していく方法が大事です。

分配金なしとは、このよう投資信託の運用の利益を分配金で受け取らずに、再投資をして、次年度には、再投資分も投資の原資として資産運用され、利益が生まれていく、複利という仕組みを利用する選択です。

 

毎月分配等の投資信託には、この複利のメリットがありません。自分が最初に投資した分と追加投資した分についての短期の運用収益しかありません。

長期運用で、資産を増やして生きたいと考える方や、初心者で手堅く投資を始めたいと考える方、日常的に投資について考えてばかりもいられないという方に、合っている運用方法です。

 

 

 

インデックス投資信託なら手数料が安い!初心者にもおすすめ!

インデックス 投資信託 手数料 安い

投資信託では、株式投資などとは違って、手数料が多くかかります。

せっかく利益が出ても手数料で、利益が無くなる可能性もあります。

ただ、幸いなことに、投資信託は、それぞれ手数料が異なりますので、手数料が安くて済む、投資信託を選ぶようにおすすめします。

 

投資信託には、ファンドマネージャーが運用してくれるアクティブファンドと日経平均株価の動きなどに合わせて、いわば自動的に運用されるインデックスファンドがあります。

アクティブファンドでは、ファンドマネージャーが、運用する際に、企業を調べたりなどのコストがかかります。

それが、運用手数料として、個人投資家の負担になります。

インデックスファンドでは、その手数料が安く済みます。

 

さらに、ネット証券では、販売時の手数料が無料というノーロードの投資信託もたくさんあります。

投資信託で、資産運用していく際には、手数料はなるべく安くしなければ、資産拡大のメリットがなくなってしまいます。

 

 

 

投資信託のデメリット:買う・運用・売る時毎に手数料が?!

 

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットで、最も注目すべきは、手数料が多いことです。

株式投資でも、手数料はかかりますが、株式の売買時のみです。

投資信託の場合、購入と売却(解約)の他に、運用にも手数料がかかります。

 

このデメリットを軽減するのに、なるべく手数料を抑えることができる投資信託選びも重要です。

例えば、インデックスファンドで、ノーロード(買い付け手数料無料)の投信を選ぶことです。

インデックスファンドは、信託報酬も安いです。

こうした選択をしていくと、投資信託のデメリットは、かなり小さくなっていきます。

 

ただし、リスクヘッジのために、ポートフォリオを考え、分散投資を考えるようになると、インデックスファンドだけでは、投資先が重複するなどのチャンスロスが発生する可能性があります。

ですので、別に、株式投資やアクティブファンドも検討する必要があります。

 

 

 

投資信託の売却はタイミングが重要|始めた時に決めていた時間時期

投資信託 売却 タイミング

投資信託の運用は、ファンドマネージャーに、やってもらえるので、初心者でも簡単です。

しかし、売却(解約)の時期をどうするかを考えるのが、難しいです。

同じことは、株式投資にもいえます。

購入した会社の株価が上昇してきたときに、いつ売るのかを、間違えて損をしてしまった、という人もいます。

 

投資信託の場合、考えるべきポイントがあります。

長期で資産運用するということです。

つまり、株式投資のように、短い期間での売却益を得るという考え方は、投資信託の性質に合いません。

ですので、目先のマーケットに左右されて、上がったから・下がったから売ってしまうということは、すべきではありません。

条件の良いときに売ろうなどというタイミングを狙うような考え方はしない方が良いです。

 

 

投資信託の場合、解約(売却)の時期は、始めるときに、決めてからスタートするのがおすすめです。

例えば、何年後のために何年続ける、あるいは元の投資額の何%アップするまで、などです。

その時が来たら、「もう少し」などと考えずに、最初に決めておいた通りに、解約するのです。

投資信託は、あくまでも長期の資産形成が、最も大事な点です。

詳しくは、本文下のリンクから。

 

 

 

関連記事一覧

  1. 投資信託
  2. 投資信託の仕組みについて ★当記事
  3. 投資信託の分配金なしのメリットは?
  4. インデックス投資信託なら手数料が安い!初心者にもおすすめ!
  5. 投資信託のデメリット:買う・運用・売る時毎に手数料が?!
  6. 投資信託の売却はタイミングが重要|始めた時に決めていた時間時期
  7. 投資信託の申込日・約定日・受け渡し日
  8. 投資信託はSBI!楽天との比較紹介|買い方簡単でおすすめ
  9. 投資信託で利益を出している人は50%以上⁉
  10. 投資信託で毎月分配型を選ぶと複利の力がない!
  11. 投資信託の分配金は再投資すると複利効果がある
  12. 投資信託を解約するタイミング【初心者向け】
  13. 投資信託がマイナスになったらどうすればいいの?
  14. 投資信託で損切りし確定申告をする|損益通算も
  15. 投資信託は「コストが安い」がおすすめ!銀行よりネット証券
  16. 投資信託は儲かるのか儲からないのか?儲けるために必要なこと?
  17. 投資信託はプロが運用してくれる!2つの注意点とは!
  18. 投資信託の選び方・始め方|知っておくこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました