投資信託はSBI!楽天との比較紹介|買い方簡単でおすすめ

投資信託をはじめようかと考えているが、

SBI証券や楽天証券など、どこが良いのか迷います。

 

この記事では、SBI証券にフォーカスしてみます。

ネット証券大手であります。

 

投資信託の取扱本数が2600本以上あります。

でも未だ、他のネット証券と迷いますね。

それでは、解説いたします。

 

投資信託はSBI!楽天との比較紹介|買い方簡単でおすすめ

投資信託 SBI 楽天 比較

 

投資信託をはじめるなら、

SBI証券が候補となる投資信託を検索しやすいです。

 

その理由は、運用管理費用、分配金額、資金流入などが

検索条件に指定できるからです。

 

候補となる投資信託を選ぶときの流れに基づいて、

SBI証券と楽天証券の違いについて、具体的に見てみましょう。

 

投資信託はSBI 楽天との比較|主な資産はどちらも指定可能

候補となる投資信託を選ぶとき、ステップ1では、

投資する資産を選びます

 

主な資産には、次のものがあります。

・国内株式、海外株式、国内債券、海外債券、国内不動産 (リート)、

海外不動産、バランス (複数資産の組み合わせ)

主な資産については、SBI証券と楽天証券のどちらも、

検索条件に指定可能です。

 

 

投資信託はSBI  楽天との比較|SBIは運用管理費用が指定可能

候補となる投資信託を選ぶとき、

ステップ2では、投資信託のコストを選びます

 

コストには、購入時の手数料、換金時の手数料、

保有期間中の運用管理費用があります。

 

投資信託はSBI

SBI証券は、次のように購入時の手数料、保有期間中の運用管理費用が、

検索条件に指定可能です。

・購入時の手数料:無料、1.1%以下、2.2%以下、3.3%以下、3.3%超

・換金時の手数料:(指定不可)

・運用管理費用:0.55%以下、1.1%以下、1.65%以下、2.2%以下、2.2%超

 

 

SBIとの比較になる楽天

一方、楽天証券は、次のように購入時の手数料がゼロかゼロ以外のみ、

検索条件に指定可能です。

・購入時の手数料:ゼロ、ゼロ以外

・換金時の手数料:(指定不可)

・運用管理費用:(指定不可)

 

長期間投資する投資信託は、購入時の手数料がゼロ、

換金時の手数料がゼロ、運用管理費用が1.1%以下

(消費税10%含む) のものを選びましょう。

 

その理由は、投資信託の運用で、損が発生する可能性を

小さくすることができるからです。

 

換金時の手数料については、SBI証券と楽天証券のどちらも、

検索条件に指定不可です。

それでも、購入時の手数料、運用管理費用を検索条件に

指定できるのは、SBI証券です。

 

投資信託はSBI  楽天との比較|SBIは分配金額、資金流入が指定可能

候補となる投資信託を選ぶとき、

ステップ3では、投資信託の運用実績を選びます

 

運用実績には、決算頻度、分配金額、純資産、資金流出入があります。

 

SBI

SBI証券は、次のように決算頻度、分配金額、純資産、資金流出入が、検索条件に指定可能です。

・決算頻度:毎月、隔月、四半期、年2回、年1回

・分配金額:1001円-、201-1000円、101-200円、51-100円、1-50円、0円

・純資産:1000億円以上、500億円以上、100億円以上、50億円以上、10億円以上、10億円未満

・資金流出入:1年連続流入、6ヶ月連続流入、3ヶ月連続流入、1年連続流出、6ヶ月連続流出、3ヶ月連続流出

 

 

楽天

一方、楽天証券は、次のように決算頻度と純資産のみ、検索条件に指定可能です。

・決算頻度:毎月分配、隔月分配、年1回、年2回、年4回

・分配金額:(指定不可)

・純資産:10億円未満、10億円以上-50億円未満、50億円以上-100億円未満、100億円以上-1000億円未満、1000億円以上

・資金流出入:(指定不可)

 

 

長期投資の投資信託は、決算頻度が年1回で、

分配金をゼロにしている (運用に回している) ものを選びましょう。

 

その理由は、運用管理費用や税金などのコストを小さくして、

効率的に複利の効果を得ることができるからです。

 

決算頻度、分配金額を検索条件に指定できるのは、SBI証券です。

 

 

また、純資産が50億円以上あり、

資金流入により純資産が増加傾向にあるものを選びましょう。

 

その理由は、換金用のお金を作ることを意識せずに、

当初の目的通りに運用することができるからです。

 

純資産、資金流入を検索条件に指定できるのは、SBI証券です。

 

 

ステップ1からステップ3まで見てきましたが、

検索条件に指定することで、1回で候補を検索できるのは、SBI証券です。

 

このあと、次のステップでは、検索した候補の投資信託説明書を

熟読して、候補の中から選定することになります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousisintaku-bank/ target=]

 

まとめ

 

投資信託をはじめるなら、

SBI証券が候補となる投資信託を検索しやすいです。

 

その理由は、運用管理費用、分配金額、資金流入などが

検索条件に指定できるからです。

候補となる投資信託を選ぶときの流れに基づいて、

SBI証券のサイトで候補を検索してみましょう。

そうすれば、SBI証券か楽天証券か、という迷いが解決し、

投資信託をはじめることに向けて、前へ進むことができます。