金投資は儲かるか?インフレ対策になる金投資!

金投資をする人が増えていると聞く。

では、金投資は儲かるか?

金投資の特徴について、今一度確認をしておきたい。

 

様々なリスクの対策のために、金を購入するという投資家が増えてきています。

貯金をしていても、インフレにより、実質的な貯金の価値が減ってしまうこともあります。

株式投資で失敗し、紙切れ同然になってしまった、などという話もあります。

では、金投資には、どうなのか?

金投資は儲かるか?

 

インフレ時に値上がりすることが多い金を持っていれば、そのような場合にも安心です。

そこで、様々な魅力がある金投資を紹介していきます。

 

この記事を読むことで、金投資の魅力と注意点、そしてどのような投資方法があるのかを知ることができます。

 

金投資は儲かるか?知っておくべき金投資の3つの魅力

金投資は儲かるか

 

金投資には、他の金融商品とは違う様々な魅力があります。

 

そこで、金投資は儲かるか、について主な3つの魅力をお伝えしていきます。

 

 

金投資は儲かるか|価値がゼロになる心配がない

金投資の最大の魅力は、実物資産に投資するということなので、

価値が「0」になる心配がないということです。

 

実物資産とは、そのものに価値がある資産のことで、他には不動産などがあります。

そのもの自体に価値があるので、価値が「0」になる、

などの「無くなる」という心配はありません。

 

株式や債券など、それを発行している企業などの信用を元に、

取引される資産をペーパー資産といいます。

ペーパー資産は、企業が倒産などで信用を無くした場合、

価値がなくなってしまいます。

このようなリスクが無いということは金投資の魅力です。

 

金投資は儲かるか|インフレ対策

インフレの対策になるということ、金投資の魅力の一つです。

インフレで物価が上がった場合、金の価値もあがることが多いです。

そのため、金を所有していることで、インフレの対策にもなります。

 

長期的な視点では、金投資は儲かるか、といえば、その可能性はある。

過去事例で言えば、2000年から2010年まで、金価格は上昇を続けました。

具体的には6倍ほどに、跳ね上がった印象があります。

 

ただし、その後4年間で約40%下落している。

そして、2016年に底を打ったあとは、またしても金価格は、

上昇を続けている。

 

20年30年という長期でみると、事実として、金価格は上昇している。

上昇下降を繰り返しながら、全体傾向としては、上昇している。

長期で考えると、金投資は儲かるか、といえば

事実としては、儲かると言える。

 

金投資は、長い期間で、考えてこそ、金投資は儲かるかといえば、儲かるが答えになります。

 

金投資は儲かるか|経済不安定時に強い

金投資の3つ目の魅力は、経済状態が不安定な時に、

金の価値が上がるということが多いということです。

 

経済状態が不安定になったり、通貨の不安が高まると、

安全資産である金を購入する人が増え、価値が高まります。

そのため、金を所有することで、もしもの時に備えることができます。

 

 

 

金投資は儲かるかについて知っておくべき2つの注意点

金投資は儲かるか

 

上記のような魅力がある金投資ですが、注意すべきこともあります。

 

そこで知っておくべき2つの注意点を紹介していきます。

 

金投資は儲かるか?配当がないことに注意!

一つ目は、株式や投資信託のように、子や配当がないということです。

金投資は、金そのものが価値を生み出すわけではないので、

利子や配当をもらえるということはありません。

 

そのため、大きな利益を得ることはできないという注意点があります。

当然、株式投資のように、短期間の株価上昇などのように、資産が急速に

増えたりするようなことは、起きません。

 

価値が下がることもある

二つ目は、金の価値は変動するので、購入した時よりも

価値が下がってしまう場合もあるということです。

前述したように、価値が「0」になるということは、

ありません。

 

しかし、価値が下がることは、あります。

これは、株式投資と同じです。

 

そのため、資金を減らしてしまう(所有資産)可能性もあります。

高値で買ってしまい、価値が下がり、

資産が減ってしまうということも起こりうるので、投資を行う場合はよく注意しましょう。

 

 

金投資は儲かるか?おすすめの金投資方法3選

金投資は儲かるか

 

金投資の方法は様々です。

そこで、おすすめの3つの投資方法を紹介していきたいと思います。

 

金貨を購入

一つ目は金貨です。

 

外国の政府が発行している投資用の金貨を購入することで、金に投資する方法です。

金としての価値はもちろん、デザイン性にも優れているという魅力があります。

しかし、コインに傷がついてしまうと価値が下がってしまうという欠点もあります。

 

純金

二つ目は純金積み立てです。

これは毎月一定額の金を購入するという投資方法です。

積み立てた金は、会社が預かってくれます。

 

この投資方法の特徴は、小額から始めることが可能ということです。

中には1000円から始められるものもあり、気軽に始めることができます。

また、自分が買いたいと思ったタイミングで購入することも可能で、資金に余裕がある時には買い増すこともできます。

そして、積み立てた金は、実物として引き出すことも可能なので安心です。

しかし、手数料がかかってしまうという欠点もあります。

 

金ETF

三つ目は金ETFです。

金ETFとは、金の価格の変化と連動したETF(上場投資信託)のことです。

これは株式取引のように売買可能なので、買いたいときに買え、売りたいときに売れるというのが魅力です。

そのため、価格が下がった時に購入したり、価値が上がった時に売るということが可能です。

また、この投資方法も低額から始めることができるので、資金が少ない場合でも安心です。

 

このように主に3つの投資方法があるので、自分に合った投資方法で始めてみましょう。

 

 

まとめ

 

金投資は儲かるか?

「儲かる」の判断基準を、どこに置くのかによって、答えは違ってくる。

 

ただ、一般的な投資である「株式投資」のように、短期間で価値が急に上がるものではありません。

また、「投資信託」のように、所有していることで、利回りが期待できるものでもありません。

 

どちらかといえば、ローリスク・ローリターンという言い方が正しいのではないか。

大きな目減りもしなし、大きく高騰するものでもない。

安全性の高い投資という性質があります。

資産を守るという性質の強い投資商品です。

金への投資により、物価上昇のリスクに備えることが可能です。

 

不況時に強いと考えておくのが良いと思われます。

資産の分散投資の一つとして、リスクヘッジのために、持っておくのが

良いです。

 

経済が不安定なときに、価値が高まることが多く魅力的です。

しかし、価値が変動するため、購入した時よりも、価値が下がるという場合もあります。

このようなリスクがあることも、理解しておきましょう。

 

金投資は儲かるか
最新情報をチェックしよう!