インデックスファンドで分散投資を始める!

投資 インデックス投資
投資 インデックス
  • インデックス投資とは、株価指数などに連動した利回りを目指す投資方法です。
  • 低コストで分散投資でき、膨大な過去のデータを元に資産配分できるという魅力があります。
  • しかし、短期間で大儲けすることは難しいという注意点もあります。

 

インデックス投資とは、株式指数と同じ利回りの実現を目指す資産運用方法のことです。

株式指数のことをインデックスとも言うため、インデックス投資と言われています。

株式指数には様々なものがあり、日経平均株価やダウ平均などが有名です。

インデックス投資は、低コストで分散投資ができ、初心者にもおすすめです。

 

この記事を読むことで、インデックス投資とは何か、そしてその魅力と注意点を知ることができます。

では、お伝えしてまいります。

 

 

スポンサーリンク

インデックスファンドで投資するとは?

インデックス投資とはなに?

 

インデックス投資とは、株式指数と連動した利回りの実現を目指す資産運用方法のことです。

日経平均株価やダウ平均、ナスダックなど株式指数は様々なものがあります。

 

では、インデックス投資を行うにはどうしたらよいのでしょうか。

その答えは、株式指数と同じ値動きをするように作られた金融商品を購入するということです。

 

このような金融商品は、インデックス投資信託やETFといった商品があり、これらをまとめてインデックスファンドと呼んでいます。

株式指数以外を示すインデックスもあります。債権や不動産、金など、その種類は様々で、世界には1万種類を越えるインデックスがあります。

 

このように様々な種類があるインデックスですが、重要なのはどのインデックスファンドを購入するかということです。

インデックスごとにそれぞれ特徴があり、リターンやリスクの大きさ異なります。

そのため、どのインデックスを購入するかということは、慎重に決めましょう。

 

 

スポンサーリンク

インデックスファンドで分散投資を始めるべき2つの魅力

インデックス投資を始めるべき2つの魅力

 

株式や、債権、不動産などインデックスは様々なものがありますが、インデックス投資には多くの魅力があります。

そこで主な2つの魅力をお伝えしていきます。

 

少額資金で分散投資

一つ目は、少額の資金で始めることができ、簡単に分散投資を行えるということです。

例えば日経平均株価と連動したETFを購入するとします。

 

日経平均株価は、225社の株価を平均したものなので、このETFを購入するだけで、それだけの数の銘柄に分散投資できることになります。

またETFは、1万円ほどから買えるものもあり、低コストで始めることができます。

このようにインデックス投資は、1万円ほどの金融商品を購入するだけで分散投資ができ、低コストでリスクを分散できるという魅力があります。

 

資産配分がしやすい

二つ目は、過去のデータが豊富なため、資産の配分がしやすいということです。

資産の配分は、どの金融資産にどのくらいの比率の資産を割り当てるのかということです。

 

資産配分は、投資を行う上でとても大切です。

これにより、どのくらいのリスクを取り、どのくらいのリターンを得ることができるのかということが変わってくるからです。

 

この資産配分を行うために、過去のデータが必須です。

インデックス投資は、この過去のデータが多いです。

過去30年や、50年のデータがあり、このデータを元に資産配分を決めることが可能です。

インデックス投資には、豊富な過去のデータにより、資産配分を行えるという魅力があります。

 

 

スポンサーリンク

インデックスファンド投資の注意点

知っておかなければならないインデックス投資の注意点

 

インデックス投資には、様々な魅力がある反面、注意しなければならないポイントもあります。

それは、短期間で大きく儲けることが難しいということです。

株式のテンガバーのように指数が短期間で10倍になるということはほとんどありません。

また、FXのように一年で資金10万円から1億円にするということは難しいです。

 

インデックスのETFや、投資信託は株価指数などに連動しているので、年利は数%から15%ほどになります。

そのため、短期間で大きく儲けたいという人には向いていないので、注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

インデックス投資は株価指数や不動産、債権などに連動した金融商品で、低コストで分散投資が可能な資産運用方法です。

短期間で大儲けしたいという人には向いていませんが、安全に長期的に資産を増やしていきたいという人に、おすすめの金融商品です。

インデックス投資は、様々な魅力があるので、資産運用方法の一つとして覚えておきましょう。

 

 

関連記事一覧

  1. NISAとはなにか?投資に役立つ3つの制度を徹底解説
  2. 投資信託|ひふみプラスの評判について
  3. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  4. 投資信託の基準価格は1口あたりの値段!購入・換金に利用する
  5. インデックスファンドで分散投資を始める!(当記事)
  6. 投資信託の相談はどこですればよいの?
  7. 投資信託の口数と基準価額|おすすめの買い方
  8. 投資信託の利益の税金計算について
  9. 投資信託のポートフォリオの作り方|期待リターンと運用コストで選定
  10. 投資信託がマイナスになったらどうすればいいの?
  11. 投資信託の勉強方法なら、具体的に金融商品を選定すること
  12. 投資信託|ピクテグロインっておすすめなの?
  13. 投資信託の申込日・約定日・受け渡し日
  14. 投資信託の選び方|投資対象と運用方針を基準に選ぶ
タイトルとURLをコピーしました