株式投資の本をおすすめ!資産を増やすために読むべき10冊

株式投資で資産を増やすためには正しい知識を身につけることが必要です。

そのためには良質なを読む必要があります。

そこで初心者と中級者以上に絶対に読んでおくべきおすすめ投資本を紹介していきます。

これらのおすすめを読み株式投資に必要な知識を身につけましょう。

 

初心者が駆けあがるために最高におすすめの4つの株式投資本

 

「世界一やさしい株の教科書」

とても分かりやすい本で初心者の株の教科書として最適です。

勝てる投資家になるための3つのポイントが書かれており最初によむ株式投資の本としておすすめです。

内容も良質で読む価値が大きいです。

 

 

「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」

この本を読むことで世界的に活躍している投資家のウォーレンバフェットの投資方法が理解できます。

長期投資を行う場合の銘柄をどのように選べばいいのか書かれており、実際に投資に役立つ内容となっています。

分かりやすく書かれているので初心者の投資家にもおすすめの本です。

 

 

「投資で一番大切な20の教え」

この本はウォーレンバフェットがおすすめするほどの本で、バフェットの本の中でもたびたび名前が出るほどです。

投資家として成功するための重要な考え方が書かれており、かなり役立つ知識を得ることができます。

この本を読むことで投資を行う上で大事な知識を得ることができるでしょう。

 

 

「株式投資で普通でない利益を得る」

この本もウォーレンバフェットが影響を受けた一冊となっています。

株式投資に重要なポイントが書かれており勝てる投資家になるためにはぜひおすすめの本です。

かなり昔の本ですが今日でも投資家に読まれているほど有名な本です。

 

 

中級者、上級者にもおすすめできる株式投資本6選

「株式投資 第4版」

過去のデータをもとに株式投資を分析している本です。

株式投資の解説書であり、データから見た投資の有利な手法を学ぶことができおすすめです。

多少難しい内容もありますが、株式投資をするにあたっておすすめの一冊です。

 

 

「株式投資の未来」

この本は先ほどおすすめした「株式投資第4版」と同じジェレミー・シーゲルの本です。

株主の利益は配当であるということの重要性を理解することができおすすめです。

配当の重要性に気づくことができるでしょう。

 

 

「マーケットの魔術師」

世界のトップトレーダー達にインタビューし成功の秘訣を聞いた本である。

投資に役立つ情報が盛り込まれており投資家として成長できる本なのでぜひおすすめしたい。

様々な成功体験物語は読み物としても面白い。

 

 

「オニールの成長株発掘法」

アメリカトップの投資家であるオニールの投資手法が書かれています。

長期株の投資におすすめの内容となっています。

銘柄の選択から投資のルールまで書かれており、投資への有用な知識を多く得ることができる本です。

 

 

「出来高・価格分析の完全ガイド」

この本を読むことで投資に重要な出来高と価格分析を理解することができます。

市場をより深くりかすることができる一冊でおすすめします。

 

「財務3表図解分析法」

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つは財務3表と呼ばれています。

これらは株式投資で重要です。

この3つが基礎から書かれており、ぜひおすすめです。

経済が専門でなくても理解することができる内容となっています。

 

 

まとめ

以上10冊の投資の本をおすすめしました。

投資で資産を増やせるようになるためには絶対におすすめの本なのでぜひ読んでみてください。

中には難しいと感じる本もあると思いますが最後まで読み進めることで正しい投資の知識が身についていることが実感できるでしょう。

このブログの内容は必ず投資で資産を増やせることを保証していないので投資は自己責任でお願いします。

 

 

関連記事一覧

  1. 投資を学ぶ

  2. 株式投資初心者のための勉強方法
  3. 株の信用取引の仕組みを徹底解説!知識があれば怖くない!
  4. 株式投資の始め方は口座開設から!口座入金・売買の3つのステップ
  5. 株式投資の本をおすすめ!資産を増やすために読むべき10冊 (当記事)
  6. 株式投資への勉強の考え方を根本的に変えた本と勉強方法
  7. 株式投資をする上で覚えておくべき9個の用語
  8. 株式投資の情報収集に役立つおすすめの4つのサイト
  9. 株式投資を始める前にこれだけは知っておこう!3つのポイント
  10. 株式投資の漫画・インベスターはじめ3選|初心者におすすめ
投資 おすすめ 本
最新情報をチェックしよう!