株式投資で税金が課税される仕組み!納め方は?

株式投資によって稼いだ時には税金を支払う義務があります。

やり方は口座の種類にもよって異なり、収支の計算を行うときもあればしなくてよい場合もあります。

また、投資による税金が免除されるときもあるので確認しておきましょう。

株式投資の税金のあれこれを解説していきます。

 

 

株式投資で税金が課税される仕組み|3つの税金

株式投資 税金 課税

 

株式投資で得た稼ぎへの税金は主に3つあります。

 

 

株式投資で税金が課税|譲渡益課税

 

譲渡益課税は、購入した株の株価が上昇し、

これを売却したときに得た利益に課税される税です。

税率は、20.315%の税率(所得税:15.315% 住民税5%)です。

 

課税の対象額は、

「売却額」から「必要経費分(取得費+委託手数料など)」を差し引いた、

残りの金額です。

 

 

株式投資で税金が課税|配当課税

株式投資で得る、企業からの配当金に課税させるのが配当税です。

株の譲渡には、関係ありません。

配当があったかどうかがポイントです。

 

課税の対象額は、

「配当の収入額」から「株取得の借入金の利子」を差引いた

残りの金額です。

税率は、20.315%(所得税が15.315%、住民税が5%)です。

 

 

株式投資で税金が課税|雑所得

株主優待を得た際にも、税金がかかる時があります。

株式投資でもらえることのある株主優待は、雑所得に含まれます。

この雑所得は、本業以外の収入なども含まれるもので、

20万円を超えた場合に税金支払いの義務が生まれます。

 

 

以上の3つの税金が株の投資を行う上で支払う義務があります。

これらの税を覚えていれば問題ないので忘れないようにチェックしましょう。

 

 

株式投資で税金が課税される仕組み|税を納めなくて良い場合

株式投資 税金 課税

 

株による投資を行う際上記の3つの税金を意識することが要求されます。

しかし、その税金を納める義務がない時が主に2つあるので納めるやり方を学ぶ前に確認していきましょう。

 

株式投資で税金が課税されない場合|利益が20万円以下の場合

一つ目は株の投資による稼ぎが20万円を下回っている時です。

この時は確定申告が免除されます。

 

しかし、注意しなければならない点があります。

口座作成時に特定口座源泉徴収ありで口座を作った時、

証券会社が代わりに税金を納める手続きを行ってくれます。

 

自分でやる必要がないので税をあまり意識することなく投資を行うことができます。

一見、楽でメリットが大きいように感じますが問題点もあります。

 

20万円以下でも税金を納めることになってしまい余分に税金を払ってしまう場合があります。

払う必要のないお金を支出することはかなり損ですし、稼ぎの20%も引かれてしまうので必ず確認しましょう。

口座を作る時には注意しましょう。

 

株式投資で税金が課税され場合|NISA

もう一つの税金を納めなくていいのは、NISAで口座を作った時です。

NISAを使うことによって、株や投資信託に関わる税金をかからなくすることができます。

 

株で利益を得られるようになった場合は利用しましょう。

しかし、注意も必要で投資への資金は年間120万円までで5年間限定で使えます。

税はお金を稼いだ時にのみ支払う義務があるので、

株式等の初心者でまだまだ勉強中で稼げていないというような場合は、

5年間しか使えないのでNISAを無駄にしてしまうことになります。

 

そのため、きちんと勉強し稼げるようになってから、

NISAを使用し非課税の状態で稼ぐことをおすすめします

 

 

 

株式投資で税金を納める|口座ごとに異なるので注意!

株式投資 税金 課税

先ほど説明した特定口座では確定申告はしてもらえるので税に関して問題ありません。

しかし、特定口座源泉徴収なし、一般口座で作った際には自分で確定申告を行い、税を確定申告で自分で納める義務があります。

 

どのように税金を納めるかというと株の投資による1年間の収支を計算して確定申告を行います。

自分自身で確定申告を行ったことがあるという人はまだまだ少ないでしょう。

 

特定口座源泉徴収なし、一般口座の場合どちらも収支を計算し税金を納める必要がありますが、少しやり方が異なります。

 

特定口座を使用しているときには証券会社が収支を計算したものを送ってくれます

計算はすべて行ってくれるので自分で計算を行う必要がありません。

そのため税金を納めるために余分な手間が省けます。

 

一般口座は収支を自分で確認し計算することが要求され簡単ではないです。

自分自身で収支を計算するのは、骨が折れる作業です。

しかし、やらないと後で大変なことになってしまうので、必ず行うようにしましょう。

 

このように使用している取引の口座によって確定申告をし税を納める方法に違いがあるので注意しておきましょう。

ですが、払わなくてもよい時もあるので、余分にお金を払って後から損をしたということに気付いたとしても、すでに時遅しなのです。

まずは、払うべきかそうではないのかということを考えるようにすると無駄を省くことができます。

 

 

まとめ

 

このように株式投資には譲渡益税、配当税、そして株主優待の雑所得への税金3つの税があります。

株の投資で利益を得た時は税金を納める義務が生じます。

確定申告をするということは手間もかかります。

 

得た稼ぎから税金を引かれるということは心苦しく思うかもしれませんが、株に関わる税の正しい知識を身に付け、脱税にならないように気を付けましょう

また、無駄にお金を払うことが無いように、自分の状況を鑑みて本当に税金を納めるべきなのかどうかを確認し最適な選択を行いましょう。

株式等で税金が課税される仕組み
最新情報をチェックしよう!