保険の仕組みは意外とシンプルってホント?

保険 仕組み仕組み
保険 仕組み

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

保険仕組みは三本柱で成り立っていた!

・リスクに見合った保険に入ることがあなたにとって一番お得

・保険の仕組みは、保険会社の運用がカギを握っている

 

保険はどのような仕組みで成り立っているのか、皆さんはご存じですか?

実は意外とシンプルで、確率の上で成り立っているのが保険。

なぜ保険料に違いが生じるのか、保険の仕組みが分かれば誰でも簡単に理解できます。

 

この記事を読めば、保険の仕組みが分かり、より保険に対する理解が深まることでしょう。

では解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

保険の仕組みは、三本柱で成り立つ!

保険の仕組みは、三本柱で成り立つ!

 

保険はすべて確率に委ねられている

 

誰にとっても等しいリスクが与えられる

そもそも保険料の仕組みは、危険保険料と付加保険料、生存保険料で分けられています。

危険保険料は、保険対象者のリスクに見合ったもので、保険金に確率をかけたものがそれ。

付加保険料は、保険を販売する業者の手数料などを指します。

生存保険料は、いわゆる満期保険金や保険の払い込みが済んだ後に払えるように積み立てるモノ。

 

このように三本柱が保険の仕組みであり、掛け捨てだと生存保険料の部分が軽減された形です。

年齢によって保険金が違うのは、その時点での死亡率に大きな違いがあるため。

 

若いうちは明日亡くなる可能性は非常に低い一方、年齢を重ねるとそうとは言い切れません。

すべて確率に委ねられていると思ってよく、仕組みが分かれば保険料の変化に納得できることでしょう。

 

 

リスクに見合った保険がオススメ

自動車保険だと、ゴールド免許や走行距離が少ないと安くなります。

また生命保険だと、非喫煙者が多少の割引を受けることもあります。

このように一定の条件をクリアした人はそれだけ事故、死亡の可能性が低く、恩恵が得られます。

裏を返せば、そのようなものが考慮されない保険は、自分のリスクに見合った保険とは言えません。

 

仕組みを知れば、なぜ恩恵を得られるか、理解できるはず。

非喫煙者である、健康体であるという人は、それによって保険料が安くなる商品を選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

保険の仕組みは、保険会社の運用がカギを握る!

保険の仕組みは、保険会社の運用がカギを握る!

 

保険の運用にはルールがあるので安心

 

低金利でも運用期間が長いので問題なし

学資保険など、返戻率が100%を超えるものを保険会社が販売しています。

なぜそんなことができるかというと、保険料を会社で運用しているから。

保険会社で資産運用をしているので、仕組みを成り立たせています。

 

しかし、資産は絶対に減らさないというのが常識なので、ギャンブル的なことはできません。

国がルールを定め、日本国債や地方債といった債券を半分以上は買うように求めています。

超低金利のこの時代、それで運用はできるのか不安に感じる人もいるでしょう。

 

ここでポイントになるのが、満期になるまでの年数

30歳で加入し、60歳まで払い込みをするケースでは、30年保険料を出し続けます。

 

その30年間で増えていればいいわけで、1年間は微々たるものでも30年だとそれなりに。

たとえ低金利であったとしても、長く運用される分、問題はさほどありません。

万が一、株価が暴落することはあっても、債券が紙くずになることは、新興国の債券でない限りまずないでしょう。

仕組みを成り立たせているのは、債券といっても過言ではありません。

 

運用のミスは信用を一気に失墜させる

安い保険料で、めちゃくちゃ手厚い保障が受けられるのが一番いいわけです。

しかし、そのような夢のような話はなく、考えられるのは相当な利回りを得ていること。

高利回りはリスクが伴うことが多く、過去に投資に失敗して破綻に追い込まれたケースも。

 

破綻の仕組みとして、日経平均株価が一定の金額以下になることが1つの要因としてあります。

特に2000年前後は中堅の生命保険会社が相次いで経営破綻。

 

利率の高い時期に商品が売れ過ぎた、資産運用で無理をした、ごまかしてしまったなど様々。

共通して言えるのは、バブル期に大量に売ってしまったことがネックになったということ。

利率が高い時期というのは、保険会社にとっても契約者にとっても気を引き締める時期なのです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

保険の仕組みは意外とシンプルで、そこまで複雑なものではありません。

非喫煙者は非喫煙者用の、ゴールド免許の人はゴールド免許用のお得なサービスを活用しましょう。

仕組みを知れば、喫煙者のリスクまでわざわざ背負う意味を感じなくなるでしょう。

より細かく仕組みをしれば、より自分に合った保険を見つけられるかもしれません。

 

 

関連記事一覧

  1. 保険の仕組み
  2. 保険の仕組みを知っておかないと損をする
  3. 保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?
  4. 保険が満期になれば、税金はいくら負担する?
  5. 保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?
  6. 保険の約款とは何か?交付義務がある書類で保管が必要
  7. 保険にかけるべき金額の目安ってあるの?
  8. 保険を投資目的に活用するには
  9. 保険の受取人って誰でもなれるの?
  10. 保険と共済は似ているようで、違う部分がいくつもあった!
  11. 保険の仕組みは意外とシンプルってホント?(当記事)
  12. 保険は色々な事故に対応してくれるの?
  13. 保険の年末調整ってどれくらいお得になるものなの?
  14. 保険の返戻金には種類があるって本当なの?
  15. 保険の告知義務違反ある場合の時効は5年|告知内容は過去2年
  16. 医療保険の終身払いの掛け捨てが負担が少ない|変化にも対応しやすい
タイトルとURLをコピーしました