不動産査定にも人工知能AI化が進んでいる

スポンサーリンク

査定

不動産査定にも人工知能AI化が進んでいるの?|不動産会社社長が解説

更新日:

<この記事でお伝えすること>

1)近い将来、不動産会社に査定の依頼をしなくとも、所有者がAIを利用したスマホのアプリで正しい売却価格が分かる時代は近づいている

2)では不動産会社に依頼することはなくなるのか

不動産査定価格も人工知能(AI)により、概算価格は分かるようになってきた。

すでに、AI技術をと入れた不動産査定アプリが公開され始めている。

しかし、まだ精度の不安定さがあり、扱う不動産会社の数は少ない。

人工知能(AI不動産査定サービス「HowMa」では、自宅に関する情報をいくつか入力することで、既に不動産の概算価格は分かるレベルになっています。

自宅の不動産の売却価格がスマホで分かる時代になってきたということです。

人間が計算する不動産査定価格に近くなるのも時間の問題かもしれない、と筆者は感じています。

筆者は、不動産業の世界に約30年生きてきました。

この所の、コンピューターやインターネットを伴う様々な進化・AI化・ロボット化は不動産会社で業務に従事するものも、実際に検討する顧客にとっても大きな変化をしていくものと考えられます。

賃貸住宅を探すのに、不動産会社に居ながらにして、条件にある部屋を探すことも始まっています。

実際のところ、HowMa以外にもAIを使った不動産査定サービスが増えてきている。HowMaは入力項目が少ないのが魅力だが、その分査定価格の精度は、まだ高くない。

多少、入力項目が多かったり、その言葉の意味が専門的すぎるかもしれないということが、この先クリアするなら、不動産査定価格の精度が上がり、本格的に使える状態になると思います。

不動産会社に依頼しなくとも、所有者がスマホアプリで正しい売却価格が分かる時代は近い

geralt (CC0), Pixabay

 

不動産業者が専用に使う査定サイト(東京カンテイなど)は数年前から存在しています。

知識経験の少ない営業担当であっても、戸建てやマンションの概算の査定価格ができます。

面積や地区年月など項目を入力していき、比較対象となる近隣物件を指定すると、相対評価がなされて、簡易査定価格が表示される仕組みになっています。

ただ、どの物件を相対評価の相手に選ぶかによって、算出される価格は、数百万の違いが出てきます。

ここが、知識経験の少ない新人社員だと難しいポイントです。

AIが、そのポイントをこれからどのように処理していくのかは不明です。

その比較物件の選別が最適に行われるように、キャリア営業の視点と同じように、学習していけば計算される査定価格の精度は上がってくると思われます。

 

しかし、ともあれ、ついに個人ユーザーレベルでも不動産査定をすることが可能になりつつあります。

パソコンで必要情報を入力すれば、またはiPhoneアプリに入力すれば、ユーザーは無料で不動産の概算査定計算ができるようになっている。

現在のところ、不動産価格を知りたいとなった時には、一括査定サイトに登録する方式が一般的です。

一括査定サイトを利用する8〜9割の人は、実際には「簡易査定」「机上査定」を望んでいます。

そのことから考えると、現在の利用者たちの多くは、「HowMa」などのサービスを利用すれば、簡易価格を知りたいという希望が満たされるでしょう。

そして、先ほどのキャリア営業の視点で比較物件の選別が出来るように、人工知能(AI)の進化が進めば、いや多分そうなると思うが、不動産会社の役割は、一つ無くなることになる。

 

不動産査定|AIで出来るなら、不動産会社に依頼することは無くなるのか

AnnaliseArt (CC0), Pixabay

不動産業の仕事の中でも、反復性があったり、選択肢の少ない業務はロボット化されていくと思われます。

人工知能AIの進化スピードは、きっと僕らが想像する以上に早いのだと思います。

では、人工知能AIの精度が上がり、人間並みに近づいた時、不動産会社に依頼することは、何があるのでしょう。

 

不動産査定の分野に絞って考えると、面積や築年数、そして過去の事例や現在の競合事例等については、データに関する事なので、AI化・ロボット化の可能性あると思います。

しかし、不動産には、個別要素があります。

「年収の割にキズや痛みが多い少ない」「数年前に行ったリフォームの現状」等については、やはり人間の目で見て判断する必要がある要素があります。

売却価格を決める上でこれらの要素は重要です。

この部分をAIが判断するようになるのは、まだ時間が必要と思われます。

 

しかし、ある意味で恐ろしくもあるが、もしマーケットの成約データすべてを読み込むようになり、そこから、過去10年の傾向、過去3年の傾向、そして過去半年のデータ比較から、推定計算ができるようになれば、今後3ヶ月、半年後の近未来の市況予測ができるようになるかもしれない。

実は、ここが人間の最も苦手な部分であります。

例えば、株価を予測する大企業のアナリストたちがたくさんいる中で、明快に予測を的中させ続けることのできる人はいません。

当たることも外れることもあります。

それは、人間には「感情」があり、それが予測の邪魔をしているからだと考えられます。

そう意味では、人工知能の進化は、大企業のアナリストたちの仕事も奪うのかもしれません。

近未来の不動産会社の役割は、単に売主さんから売却依頼を受けて、不動産を売却することと、売買契約に関する物件の調査と説明だけの役割に変化していくのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

-査定
-, , ,

Copyright© 「不動産売却・査定の取扱説明書」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.