NISAとはなにか?投資に役立つ3つの制度を徹底解説

NISA投資金融
NISA投資

この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

NISAを利用することで、投資に関する利益の税金対策になります。

・通常のNISAでは、投資による利益の税金が0になります。

・つみたてNISAは、長期間非課税で資産運用が可能です。

・ジュニアNISAは、未成年者に向けた制度で、子供の将来の資金に役立ちます。

 

最近、NISAという言葉をよく聞くようになりました。

投資に役立つ制度ですが、きちんと理解していない人も多いでしょう。

そこで、税金対策になるNISAについて説明していきます。

 

この記事を読むことで、NISAに関する知識が身に付き、税制面で有利に投資ができるようになるでしょう。

では、紹介してまいります。

 

 

スポンサーリンク

投資に役立つNISAとはどのような制度?

NISA

 

NISAは個人投資家のための小額投資非課税制度です。

 

通常、株式の配当金や売却益、投資信託による利益には20.135%もの税金がかかってしまいます。

しかし、NISAを利用することで、投資による税金がかからなくなります。

 

2014年にできた制度で比較的新しいですが、投資を行う場合、かなりのメリットがある制度です。

イギリスのISA(個人貯蓄口座)を参考に、日本版の制度がつくられ、NISAという名前になりました。

 

NISAは主に3つの制度があります。

通常のNISA、つみたてNISA、ジュニアNISAです。

どれも節税のために役立つ制度です。

しかし、投資の目的によって、利用すべき制度が異なります。

それぞれ説明していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

投資に役立つ通常のNISA

投資を行う

 

最初に紹介するのは通常のNISAです。

 

NISA口座を利用することで、年間120万円の投資額が上限ですが、5年間投資にかかる税金が0になります。

株式や投資信託に利用することができ、投資をする場合に、とても役に立つ制度です。

つみたてNISAと併用することはできません。

 

金額や期間は制限されていますが、株式などによる利益への税金が0になるというのは、大きなメリットです。

資金が120万円以内で株式などをしていて、利益を出している人は、ぜひ利用してみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-kakuteisinkoku/ target=]

 

 

スポンサーリンク

つみたてNISAを利用すれば長期間非課税で投資が可能に

つみたてNISAを利用すれば長期間非課税で投資が可能に

 

次に紹介するのは、つみたてNISAです。

 

これは2018年1月から始まった制度で、新しい制度です。

この制度は、小額の積み立て投資に役立つ制度です。

 

つみたてNISAは、20年間利用でき、1年間で20万円までの資金による投資に対して利益の税金が、非課税になるという制度です。

金額は小さいですが、長い間利用することができるので、長期間の積み立て投資などに向いています。

利用できる金融商品は、長期、積み立て、分散投資に適した投資信託に絞られています。

 

通常の株取引などに利用することはできませんが、長期的な積み立て投資には大きく役立つ口座です。

積み立ての投資信託などを利用している人は、ぜひつみたてNISAを利用しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

子供のための投資に役立つジュニアNISA

 

最後にジュニアNISAを紹介していきます。

 

ジュニアNISAは2016年に始まり、0~19歳までの未成年者を対象としている非課税制度です。

資金は年間80万円が上限で、5年間は投資による利益への税金がかかりません。

 

こちらは、通常のNISAと同じで、株式取引などにも利用することができます。

子供のために、大学の資金など様々なお金がかかります。

ジュニアNISAは、そのような子供の未来のための資金に役立つ制度です。

子供の将来のために投資をしたいという風に考えている方には、ぜひおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

NISAは投資を行う様々な人に役立つ非課税制度です。

 

利用することで、投資による利益の税金を0にすることができます。

この制度を利用しなかった場合、株式や投資信託の利益への税金は20.315%もかかってしまうので、ぜひ利用してみてください。

しかし、資金や期限が限られているので、その点には注意しましょう。

ぜひ、NISAを利用して、お得に投資を行ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました