保険に加入するなら年齢はいつからがいい|年齢には保険年齢がある

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・年齢が若いうちから支払えば色々と安上り

年齢を重ねてから保険に入れば相当かかる

・満年齢と保険年齢の違いは、保険加入時で大きな違いに

 

 

若い人に対し、保険に入らなきゃダメと言ったところで、年齢の若さを理由に断る人も。

20代から死ぬ事を考えて保険へ入る、なかなかできないですし、年齢が若いとそこまで考えません。

保険に加入するなら年齢は何歳ぐらいがベストか、気になりますよね?

 

この記事を読めば、保険に加入するなら年齢は何歳ぐらいがいいか、お分かりいただけるはずです。

では解説してまいります。

 

 

保険には年齢はいつから加入するのか

保険に入る年齢は若ければ若いほどいい!

 

年齢が若いうちに入って払込みを終わらせればお得

 

若い年齢で加入すれば保証内容がおなじでも保険料はとても安い

生命保険を中心に、年齢が若いうちに加入した方がいいことが言われています。

特に60歳など一定の年齢で払込みを終えるものの場合、月々の負担がとても安い

 

40歳から加入するのと30歳で加入するのでは、明らかな違いが見られます。

これに加え、生命保険料控除を活用すれば、よりお得に利用できるでしょう。

年齢が若い時に加入すべき理由として、健康である可能性が高いことも1つ

40歳ぐらいになると、健康に気を付けても数値に異常がみられることが出てきます。

年齢が若いうちはそのようなことは少ないわけで、保険に入る年齢は若ければ若いほどいいでしょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/keiyaku/ target=]

 

30代後半が1つの目安に

年齢を重ねてから保険に入ると保険料がかかる、これは統計的に事実と言えます。

50代で加入する場合、20代で加入するのに比べ、およそ倍以上保険料がかかります。

 

それもそのはず、保険は死亡率や平均寿命などで掛け金が決まるため。

30代から上がり始め、40歳50歳となるにつれ、当然掛け金も高くなります。

もし年齢でタイミングを計るのであれば30代後半が1つの目安になるでしょう。

できれば30代に突入した時点で検討を始めるのがいいかもしれません。

 

 

 

保険では満年齢と保険年齢がある

保険における満年齢と契約年齢の違いって?

 

タイミング次第では1歳上の保険年齢で計算されることも

 

満年齢と保険年齢の違いはリスクの違い

保険年齢というのは、例えば28歳7か月なら切り上げて29歳、29歳5か月なら切り下げて29歳にするというもの。

つまり、その年齢になってもいない人が、保険上は1歳年齢を重ねていることに。

これが分かりにくいということで、現在では満年齢方式が主流に。

 

ネット上で誕生日の直前に契約した方が得という話はここから来ています。

ただ、現在でも契約年齢方式を採用するところがいくつか見られます。

加入したい保険がどのタイプなのか、確認が必要です。

 

保険年齢と満年齢を使い分ける保険会社も

明治安田生命では、契約年齢と満年齢を保険商品によって分けているケースがあります。

 

5年ごとに配当がもらえる保険、ベストスタイルは満年齢方式となっています。

一方、要介護状態になった場合に保険金が出る介護のささえは、契約年齢方式。

 

このような形で、保険の中身に応じてやり方を変えることが見られます。

たいていの場合、主流な生命保険のほとんどは、満年齢方式と思ってよさそうです。

 

 

 

まとめ

 

若い時に保険に入った方がいいというのは、ずっと払い込むことを想定してのもの。

 

途中で解約するかもしそうだとなれば、若ければいいとは一概に言えなくなります。

いずれかの保険に加入する必要がある以上、20代30代でベストな保険を見つける事がオススメ

また、このケースは生命保険に関することなので、すべてがこれに当てはまるわけではありません。

結婚する時点で真剣に検討する、子供が出来て検討を始める場合も十分に間に合います。

年齢が大して経っていない時から検討を始めるようにしましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/sikumi/ target=]