スポンサーリンク

売却

マンション売却・手数料以外に、こんな費用もあります

更新日:

マンション売却・手数料以外に、こんな費用もあります

一般的に、売却時にかかる費用としては、仲介手数料がかかりますが、それ以外にも状況に応じてかかる可能性がある費用があります。

マンション売却時に必ずかかる

仲介手数料

広く認識されている感がありますが、改めて解説させていただきます。

不動産会社に売却依頼をし、活動と買主と交渉をしてもらった結果、無事に売買契約に至った場合に発生します。ここでは、契約に至ったことに対する成約報酬であることに注意が必要です。もしも、売買契約成立後に、買主か売主のどちらかの都合により、契約を解除したいという状況が発生しても仲介手数料の請求権は無くなりません。

それがなくなるのは、買主さんのローンが承認されなかった場合などの白紙解約の場合です。契約解除と解約では、法的に取扱が異なることが注意点です。

手数料の金額については、以下のように決められています。これを超える金額を不動産会社に支払うことはありません。

400万円超の場合、売買価格✖️3%+6万円+消費税

200万円超 400万円以下の場合、売買価格✖️4%+2万円+消費税

200万円以下の場合、売買価格✖️5%+消費税

 

マンション売却・場合によってかかる経費

登記の表示変更費用

不動産を取得してから、転勤や引越しをした場合に、登記の所有者情報の変更をしてある人は、なかなかいません。

この場合、今回の売買に関して所有権移転=引渡の前までに登記の表示の変更(住所変更)をしておく必要があります。

これは所有者が自分で法務局に出向いて手続きをすることが可能です。

司法書士に依頼する場合は、一般的には3万円前後ほどです。

抵当権抹消費用

売主さんのローン残債が残っている場合、抵当権がついたままになっています。

引渡の日に、司法書士の手続きにより、抵当権抹消の手続きと所有権移転の登記をおこないます。

費用は、残っている残債によって異なります。司法書士に支払う抹消登記の司法書士手数料は、数万円です。

残置物処分

転居先に荷物を持っていかない場合や親が残した不動産売却のケースでは、残置物の処分が発生します。

荷物の量によって、費用はかなり金額に差が出ます。

費用金額は、トラックを何台使う必要があるか、人手が何人必要なのかによってことなります。マンションでは、20〜30万円ですむこともありますが、一戸建てで面積が大きい場合荷物の量も多くなります。60〜70万円かかることもあります。

事前に見積もりしておくことが可能です。

権利証を紛失した場合の費用

権利証を紛失してしまうことは意外にあります。

また、引越し先に、荷物と一緒に間違えて送ってしまった、などの例もあります。この場合、以前は保証人を立てて公正証書を作る対応でしたが、最近では、司法書士の職権による名義人本人確認で手続きができるように変わりました。

費用については、司法書士によって異なります。概ね7〜8万円くらいになると思います。

補修費用

中古売買は基本的に、現状渡しなのですが、日常生活に支障をきたす部分や設備については、買主さん売主さんの商談条件の中で、補修の必要があるが、今回はその分を値引きで対応する場合、値引きはせずに売主さんに補修してもらうという場合、などその時の状況によって異なります。

例でいいますと、ボイラーが不調であるとか、窓やドアが開かない、などということがあります。

特別の広告費

一昔前までは、広告といえば、チラシでしたが、今はネット広告の時代になりました。

ネット広告の方が、不動産購入を検討している人だけが見る可能性が高いことと、チラシと比べるとはるかに広いエリアに対して、長期的に情報発信ができるからです。

不動産会社は、自社のサイト以外にポータルサイトと呼ばれるスーモやアットホームのような不動産専用サイト契約し、広告を行うのが一般的です。

しかし、売主様の強い要望により、チラシや看板設置を行う場合、成約後に受け取る仲介手数料だけでは、不足する場合がありますので、特別の広告の要望をされた場合は、その費用の請求を受けることがあります。

看板やチラシは、場所の数によっては、非常に高くつきますので、どうしても看板やチラシにこだわるようでしたら、広告費用を不動産会社を通じて、検討した方が良いです。

マンション売却・できればした方が良い経費

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングについては、できればした方が良いという部類になります。

特に、居住中での売却で話が進んだ場合など、売主さんが転居のため家具を移動した後に、意外に傷等が見つかることがあります。

中古売買なので、経年劣化による傷汚れについて、合意し、契約をするのですが、買主さん側からすると、家具の跡から傷が出てきますと傷が増えたようの感じてしまいます。

感情的になるケースもあります。傷の大きさ程度にもよりますが、ハウスクリーニングをしておくと、ある程度までは、「売主さんは、お金をかけてハウスクリーニングをしてくれたのだから、この程度の傷は目をつぶろう」ということで収まることがあります。

まとめ

状況によっては、かかる経費が結構あります。不動産会社と良く内容を確認しておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

-売却
-, , , ,

Copyright© 「不動産売却・査定の取扱説明書」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.