保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険の窓口仕組み

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。

これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。

どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。

しかしながら、最初は何を聞けばいいのか、初めて訪れる人にはわからないことだらけ。

今回は保険について相談できる窓口で何を聞けばいいのか、まとめました。

 

 

スポンサーリンク

保険が相談できる窓口では、保険証券を持っていこう

保険証券

 

<結論>最初の段階で最適な保険を見つけてくれる

 

最初の相談で本格的な話に入ることも

保険の見直しをしたい人が窓口を訪れる場合、保険証書を持っていくのがおすすめです。

自らが加入する保険の中身を、完全に窓口で説明することはほぼ不可能です。

見直しをするにしても、元の条件がぼんやりとしていては、窓口の相談員も困惑します。

 

保険証書を持っていけば、契約内容などだいたいのことは把握できます。

これにプラスして、どのような見直しを行いたいのか、ヒアリングを行います。

最終的にその人に見合った保険を提案され、人によってはその段階で決めてしまう人も。

もちろん窓口の人はすぐに契約を要求しませんし、何度でも相談していいようになっています。

本当に見直すべきかどうか、よく話し合った上で相談して、契約するかどうかを決めましょう。

 

保険が相談できる窓口といえばほけんの窓口

近年増えている来店型保険ショップ、そのトップをひた走るのがほけんの窓口です。

全国に点在し、その相談実績は100万件を超えています。

おすすめなのが加入してからアフターフォローが受けられる点です。

 

名義変更や給付金の請求、保険証券の再発行など、ほけんの窓口に伝えればやってくれます。

当然、適切なアドバイスを受けられ、40社以上の保険を比較検討できます。

たくさんあれば最適な保険を見つけてくれるので、ほけんの窓口に足を運んでみましょう。

 

 

スポンサーリンク

保険の相談はファイナンシャルプランナーがいる窓口へ

ファイナンシャルプランナー

<結論>人生設計から保険を考えられる

 

初めて保険を入る人は絶対におすすめ

自分にはどのような保険がぴったりなのか、今一度はっきりさせたいと思う人がいるかもしれません。

その場合にファイナンシャルプランナーがいる窓口に相談へ赴くことをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーは資産形成や税金のことなど、お金に関する様々な知識を持ちます。

生命保険や損害保険がどのような意味を持ち、なぜ存在するのかも熟知。

ライフプランなどをヒアリングし、その人にあったものを提示します。

 

今後家族が出来たらこの保険がいいとか、家族のためにこの保険がいいと提案があるので安心です。

その人が悩んでいることを解決するように保険選びを行えるので、初めての人は最初に相談してみましょう。

 

近所のカフェで保険相談の窓口に?!

保険のビュッフェという企業は、ファイナンシャルプランナーが保険の提案を行います。

実際に担当するのは平均10年程度の経験を重ねたファイナンシャルプランナーです。

保険会社の営業マンや保険ショップだとベテランや新人まで質にバラつきが見られます。

その点、保険のビュッフェはバラつきなく、誰に相談しても安定した返答が得られるはずです。

 

扱える保険会社の数はいくつもあるので、これがいいと思ったものを見つけ出してくれます。

保険相談の窓口は、自宅や近くのカフェなど消費者側が指定した場所で行われます。

コーヒーを飲みながら話を聞く、そんなことも可能です。

強引な営業もなく、相談は何回でも無料、何時間でも対応してくれます。

お客様満足度が高いのも納得な、保険のビュッフェです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

保険はしっかりと吟味し、納得のいくものを見つけて契約しましょう。

そのために、窓口に出向いて納得のいくまで話を聞くことをおすすめします。

ほけんの窓口や保険のビュッフェなど、親身に話を聞いてくれるところはたくさんあります。

自宅に押し掛けてくる営業マンに頼むより、明らかなプロに任せた方が確実です。

少しでも見直したい、今のうちに保険に加入したい人は、これらのサービスを利用しましょう。

 

 

関連記事一覧

  1. 保険の仕組み
  2. 保険の仕組みを知っておかないと損をする
  3. 保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?
  4. 保険が満期になれば、税金はいくら負担する?
  5. 保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?(当記事)
  6. 保険の約款とは何か?交付義務がある書類で保管が必要
  7. 保険にかけるべき金額の目安ってあるの?
  8. 保険を投資目的に活用するには
  9. 保険の受取人って誰でもなれるの?
  10. 保険と共済は似ているようで、違う部分がいくつもあった!
  11. 保険の仕組みは意外とシンプルってホント?
  12. 保険は色々な事故に対応してくれるの?
  13. 保険の年末調整ってどれくらいお得になるものなの?
  14. 保険の返戻金には種類があるって本当なの?
  15. 保険の告知義務違反ある場合の時効は5年|告知内容は過去2年
  16. 医療保険の終身払いの掛け捨てが負担が少ない|変化にも対応しやすい
タイトルとURLをコピーしました