保険は海外旅行当日にも加入できるってホント?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・安い保険料で海外旅行保険を利用できる

・当日だとオプションが不十分な海外旅行保険もある

・アフリカなど危険なところに行く場合は早めの対応を

 

 

海外旅行は誰しもが簡単に行けるような時代です。

海外旅行保険に加入することで、より安心して海外旅行を楽しめます。

それまで保険に加入していない人も、海外旅行当日に加入できるようになります。

 

この記事を読めば、保険を海外旅行の当日でも加入できることなどが分かるはずです。

では解説してまいります。

 

 

保険は海外旅行当日に加入でき、安い

保険は海外旅行当日に加入でき、安い

 

3日以上の旅なら1日あたりの値段が安い

 

ネット専用だからこ海外旅行当日に加入できる

クレジットカードの保険だけで、海外旅行に行くのはいささか心許ないです。

日本と違い、海外は結構高額な医療費を請求することがあるためです。

 

できれば保険会社が販売する海外旅行保険に加入するのが得策。

そこでおすすめなのは、ネット専用の海外旅行保険です。

 

例えばt@bihoでは、保険料節約プランで3日間台湾に行く場合、1人990円で利用できます。

同じプランの保険を探そうとすれば3倍以上の値段になることも。

 

支払いはクレジットカード、デビットカード、携帯キャリア支払いから選べるため、海外旅行当日でも大丈夫

日帰りよりある程度日数のかかる旅行の方が1日あたりの値段が安くなるのも魅力。

クレジットカードも持ち合わせていない人でもこれなら安心でしょう。

 

節約プランでも保険の中身は充実

t@bihoの節約プランは、一般的なプランでもそれなりに保障してくれます。

 

治療・救援費用は1000万円まで、賠償責任は1億円、携行品は30万円、手荷物が届かなくても1万円もらえます。

他にも歯の治療代や弁護士費用なども出してくれるので安心。

安かろう悪かろうをイメージする人も多いでしょうが、少なくともこのプランではそれはありません。

 

 

保険を海外旅行当日に入ろうとしても不十分なケースが

保険を海外旅行当日に入ろうとしても不十分なケースが

 

当日の申し込みでは細かなところまでカバーできない

 

飛行機関係のトラブルに弱い

当日加入できる海外旅行保険、どこに行こうとも活用できるのが魅力的です。

しかし、当日の申し込みだと中身がやや不十分になるケースも。

 

その1つが飛行機の遅れ、もう1つは海外旅行のキャンセルです。

特に海外旅行のキャンセルは大変で、子供がインフルエンザで行けないなんてことも。

 

はたまた台風で空港まで行けなくて断念ということもあるでしょう。

事前に加入すれば、100%補償してくれるプランでカバーできます。

 

ところが、当日加入ではそれができないため、下手をすれば海外旅行代がまるまる台無しになることも。

飛行機が遅れることも決して珍しいことではないことから、そのあたりに注意です。

 

アフリカなどに行く場合は細心の注意を

海外旅行のキャンセルは、行き先がどこであっても起こりうること。

 

しかし、飛行機の遅れはエリアによってかなり変わるでしょう。

アフリカなどルーズなところほど、飛行機の遅れで痛い目を見やすいです。

 

また、多少危険なところに行く場合には、手厚くカバーする保険に入るようにしましょう。

当日加入は便利な分、必要最低限のものしか保障しないケースもあります。

当日加入はあくまでも緊急的なもので、基本的には前もって海外旅行保険に加入しましょう。

 

まとめ

 

海外旅行保険に当日加入する人は多く、しかもお得なのでお守り感覚の人も多いんだとか。

 

支払いもクレジットカードや携帯電話で済むので、とても便利。

その分、中身はしっかりとチェックし、カバーできるかどうか見ておきましょう。

 

当日でも割増しにならないのも魅力的で、安さをとるか、中身をとるか、そのあたりの選択が問われます。

海外旅行
最新情報をチェックしよう!