【初心者必見】株式投資の仕組みを分かりやすく解説します

この記事を読めば、次のようなことが分かります。

式が発行される理由

・株式投資で利益が出る仕組み

・株式が売買される仕組み

 

 

株式投資の仕組みを完璧に理解していますか?

今では、多くの証券会社が、さまざまなツールを開発しているので、完璧に理解していなくとも、さほど困らず、株式投資をスタートすることができます。

しかし、仕組みを理解せずに、投資を続ければ、損失が発生する可能性が高まります。

ここでしっかりと、株式投資の仕組みを理解しておきましょう。

今回は、株式投資の仕組みについて、解説していきます。

 

では、解説していきます。

 

 

株式が発行される仕組みとは?

株式
株式

 

会社はなぜ株式を発行するのでしょうか?

まずは、そこから解説していきます。

 

 会社は資金が必要

会社という組織は、ほとんどの場合、営利目的に設立されます。

そして、利益を出すためには、何か事業をおこなう必要があります。

そうなると、当然資金が必要となります。

 

とはいえ、「事業を始めたいからお金ちょうだい~」と言われて、お金を出してくれる人は、誰もいません。

「銀行から借りればいいのでは?」と思うかもしれませんが、その事業が成功するかどうか不透明である場合、銀行からはなかなか融資をしてもらえません。

 

株式を発行して資金を集める

そこで、会社は、事業をおこなうための資金を集めるために、『株式』という証書を発行し、出資者を集います。

これが株式投資の仕組みとなります。

 

もう一度まとめると、株式が発行される仕組みは、次のようになります。

・会社が新しい事業を始めるときに、必要な資金を、投資家から集めるために、株式が発行される。

 

株式の面白いところは、一度集めたお金を、企業は返す必要がないところです。

これにより、企業は返済というプレッシャーを感じることなく、事業に集中することができます。

この仕組みだけ聞くと、投資した方が、一方的に損をするように聞こえるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

いくら返済の義務がないとはいえ、株式を発行したまま、何もしなければ、いずれ投資家はその企業の株を、買ってくれなくなります。

 

株主に対する責任

それでは企業も困ってしまいますよね。

常に株式を購入してもらえるように、企業は投資家に、次のようなことをおこないます。

・株主総会を開く

・状況に応じて配当金を配る

 

 

投資家は企業の株を購入した時点で、『株主』と呼ばれるようになり、その企業のオーナーの一人として、会社経営に携わる権利を持ちます。

そのため、企業は株主総会を開催し、企業の業績に関して、報告をおこないます。

オーナーである以上、その企業の業績を、把握する権利がありますので、企業は現状を隠すことはできません。

 

また、オーナーとして、業績が良ければ、報酬を受け取る権利があります。

事業が成功し、利益が発生した場合、その一部を配当金として、一定の期間ごとに受け取ることが可能となります。

株式投資の仕組み上、投資家のみが損をするようなことは、ありませんので、ご安心ください。

 

 

株式投資において利益が出る仕組みとは?

株式 投資家
株式 投資家

 

株式投資をおこなう人の、ほぼ全員が、利益を出すことを目的としています。

ですので、利益が出る仕組みもしっかりと、理解しておく必要があります。

ここで、株式投資において、利益が発生する仕組みについても解説していきます。

 

株式投資における利益には、次の2種類があります。

・キャピタルゲイン

・インカムゲイン

 

 

それぞれの利益が出る仕組みを理解しておくことが、株式投資をおこなう上では、とても大切です。

それぞれ、詳しく解説していきます。

 

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株式の売買によって得られる利益です。

 

例えば、1株100円で購入した株を、120円で売却したとします。

すると、その差額である20円が利益となります。

これがキャピタルゲインとなります。

 

キャピタルゲインは、状況によっては、大きな利益となる可能性があります。

一方で、大きな損失が発生する可能性もあります。

 

原則、100株単位での購入となりますので、購入のタイミング次第では、25万円以上の利益が出たかもしれませんし、20万円以上の損失が出たかもしれません。

キャピタルゲインにより、利益を出す仕組みは、夢がありますが、非常にリスクを伴うということを、覚えておきましょう。

 

インカムゲイン

インカムゲインとは、株式を持っているだけでもらえる、配当金や株主優待によって、得られる利益です。

 

配当金に関しては、定期的に受け取ることができる報酬として、先ほども説明しましたが、日本の株式会社には、株主優待をおこなっている企業も、多々あります。

株主優待とは、その企業の製品やサービスを、株主に提供する仕組みです。

世の中には、この株主優待を上手に利用して、生活している人もいます。

 

そのくらい、株主優待も利益につながる、特典なのです。

インカムゲインは、キャピタルゲインと違い、大きな利益を得ることは、できません。

一方で、定期的に配当金や株主優待を、受け取ることができるため、比較的利益を計算しやすい、という特徴があります。

インカムゲインにより、利益を出す仕組みは、大きな利益にはなりにくいが、一定の利益を計算できるもの、と覚えておきましょう。

 

 

株式を売買する仕組みとは

 

 

ここまで、キャピタルゲインとインカムゲイン、それぞれの利益が出る仕組みについて、解説していきました。

特に、大きな利益を出すためには、株式を売買する必要がある、ということをご理解いただけたと思います。

 

しかし、先ほども説明した通り、企業は、一度受け取った資金を、返す必要がありません。

つまり、企業に一度購入した株式を、売り返すことはできません。

 

では、一度発行された株式を売る場合、誰がその株式を買ってくれるのでしょうか?

ここで、株式売買の仕組みについて解説しておきます。

 

株式売買に関しては、フリーマーケットをイメージしてみてください。

フリマアプリを利用したことはありますか?

 

フリマアプリでは、もう着なくなった服や、使わなくなったものを、他に必要としている人に、売ることができます。

株式売買も仕組みは同じで、所持している株式を売りたいな、と思ったときに、他にその株式が欲しい、と思っている人に売ります。

 

フリーマーケットと少し違うのは、販売価格を、自分で決めることができないところです。

株式の売買価格は、その銘柄の人気によって、決まりますので、購入価格より、高く売れることもあれば、安くなってしまうこともあります。

いずれにせよ、株式売買の仕組みは、買いたいと思っている人に売るのであり、企業に株式を返すわけではない、ということを覚えておいてください。

 

 

まとめ

 

今回は、株式投資の仕組みについて解説していきました。

もう一度整理すると、

・株式は、企業が、事業をおこなうときに必要な、資金を集めるために発行する。

・株式投資の利益には、キャピタルゲインとインカムゲインがある。

・株式の売買は、その企業を通すのではなく、欲しい人に直接売るフリーマーケットのようなイメージである。

となります。

 

株 仕組み
最新情報をチェックしよう!