医療保険の終身払いの掛け捨てが負担が少ない|変化にも対応しやすい

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

終身払いの方が毎月の保険の支払いが楽にできる

・いつ亡くなるかわからないからこそ終身払いに

・医療保険は年々変化を見せ、定期的な見直しが必要だからこそ安いものを

 

老後の備え、万が一のために年齢を重ねた人も保険に入っていることがほとんど。

そんな中、保険料を終身払いにする人が増えているとのこと。

いつまでも保険に加入し続け、払い続けなければならないイメージですが、本当のところはどうか。

 

この記事を読めば、保険終身払いで支払うことの特徴をつかむことができるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

保険を終身払いにした方が、掛け捨てで月々の支払いが楽に

保険を終身払いにした方が、月々の支払いが楽に

 

<結論>一定の年齢を過ぎれば損をし始めるが、負担は楽

 

 

いつ保険に加入するかによっても判断は変わる

保険に加入する際、60歳で払い終えるタイプか、終身払いかで判断が分かれます。

 

最大の違いは月々の支払い額の違いで、一定の年齢で払い終えるタイプの方が高いです。

例えば30歳に保険に加入し、70歳まで支払うとなれば、40年分の保険料です。

 

この時点では終身払いにしたとしても大差はないため、若い人の場合にはそこまで負担は軽くならないでしょう。

年齢を重ねてくると、払込みの年数が少ない分、月々の負担がかかります。

このような人は、終身払いにした方が負担は楽になるというわけです。

 

いつ亡くなるかは誰にも分からないから終身払いの掛け捨てがおすすめ

終身払いと一定の年齢まで払い込むタイプにおいて保険料の総額はどこで逆転するのか、ご存じですか?

多くの保険会社は70代後半で逆転するようになると言われています。

 

つまり、80歳以上生きるとなると、終身払いでは損になることが言えます。

一方で万が一の時に備えるのが保険のように、何が起こるか分からないから保険に加入するわけです。

 

インフレが発生し、貨幣価値が変わる可能性もあり、逆転するといっても大した差ではないともいえるでしょう。

月々の負担を軽くし掛け捨てにした方が、家計には優しいという考え方が自然なのではないでしょうか。

 

 

保険を終身払いにすれば、医療保険の変化に対応しやすい

保険を終身払いにすれば、医療保険の変化に対応しやすい

 

<結論>月々の支払いが少ない分、定期的な見直しがしやすい

 

医療保険のニーズは年々変化している

日本では社会保障にかかるお金が多すぎることが問題になっています。

 

そのため、保険料を切り詰めて負担を軽くするような動きが強まり、診療報酬に影響がでてきます。

入院日数を少なくさせるような施策を行い、いたずらにお金をかけない状況です。

 

これに対応しなければならないのが保険で、1泊2日、日帰りでも対応できる保険が主流に。

要するに、少し前まで主流だった商品が数年後には主流ではない可能性も。

 

定期的な見直しが求められる中、終身払いのように身軽な方がそれもしやすいというわけです。

年々保険料は安くなることから、質を保ちつつ値段を切り詰める努力が求められます。

終身払いをベースに考えれば、変化には対応しやすいはずです。

 

様々なタイミングで保険の見直しを

保険の見直しはいつ行うかですが、若い段階では新たな家族が生まれたなどのタイミング。

他には家を購入したり、定年を迎えて収入に変化が生じたりしたタイミングもあるでしょう。

また、更新月をきっかけに見直しを行うのもオススメ。

 

画期的な医療保険が登場した段階も見直しには最適です。

毎年見直しをする必要はなく、数年おきに行うのが一番自然であり、無理がありません。

毎年コロコロ変えるのも得策ではないため、最低でも5年間は入るなどと決めて探すのがいいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

医療保険を終身払いにすることは、何かとメリットがあり、支払いも楽です。

 

特に50代などで加入をする場合には、そちらの方が相当負担は軽くなります。

その人にとってベストな保険は、今後出てくるかもしれません。

 

現時点でのベストを見つけておいて、のちに登場するものを1つずつ精査する。

そのようなことをしていけば、負担を軽くしてよりよい保険を見つけられるかもしれません。

 

医療保険
最新情報をチェックしよう!