保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

2020-04-27

保険には一生涯保障されるものもあれば、一定期間、年齢で満期を迎えるものもあります。

加入している保険満期を迎えた場合、何をすればいいか、満期になってから考える人も多いはず。

実は満期を迎えた瞬間、保険の効力が終わってしまい、万が一の時に対応できません。

保険満期を迎える前に何をしておけばいいのか、そのあたりをまとめました。

 

 

保険が満期になる前に、もらえるお金の使い道を検討する

保険 満期

<結論>最終的に手元に残るお金の活用は重要である

 

満期保険金がいくらになるか、最初からほぼ決まっている

保険が満期になると、場合によっては保険金を受け取ることができ、これを満期保険金と言います。

養老保険で満期保険金が受け取れ、この場合は死亡保険金と同額になります。

 

つまり、保険が満期になれば、いくら保険金が受け取れるのか、加入時点でだいたい決まっています。

保険金は一時所得として扱われ、いくらか税金を支払ってから手元に残されます。

 

そのお金を何に活用するのか、事前に決めておくことをおすすめします。

老後のために活用するのか、それとも孫などへの教育資金にするのか、検討が必要です。

丸々資産運用をする手もあり、万全を期した状態で安全性の高い金融商品に投資するのも賢いやり方です。

満期保険金がいくらになるか、いつもらえるか分かっているからこそ、事前の準備が重要です。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/net-hoken/ target=]

 

満期保険金を据え置くやり方もある

大同生命では、満期保険金の全額もしくは一部をそのまま据え置きできるサービスがあります。

据え置く期間は決まっており、最大で10年です。

 

据え置いている間は利息が発生し、据え置いている保険金を引き出すことも可能です。

この利率は定期預金などと比べれば、そこまで高いわけではありません。

しかし、使い道が決まるまで保管しておくなどのことができます。

税金対策のために受け取りを遅らせるなどのことも戦略的にありです。

 

 

保険が満期を迎える前に、新たに加入するものを決めておく

保険 加入

 

<結論>空白期間が1日でも少なくするようにしておく

 

うまくスライドできるように調整する

保険が満期になるということは、その時点で保障が終わってしまうことを意味します。

払込みを終えても保障期間は一生涯のものもありますが、場合によっては何にも守られていないことも。

 

満期の時期はあらかじめ分かっており、いつからセーフティネットがなくなるかも簡単に分かります。

できれば、満期を迎える少し前に新たな保険をどうするか検討し始めるようにしましょう。

 

養老保険が満期になるケースだと、60歳以上の人が新たに保険を探すような形が目立ちます。

保険によってはかなり高くなることになり、慎重に選ばないと大変です。

年齢を重ねてからも今まで通りの内容で、しかも安いものを探すように心がけましょう。

 

加入年齢の上限に注意しながら保険探しを

養老保険に加入し、その後、満期を迎えた場合、新たに入れるものは限られていきます。

60歳以降でも入れる保険の多くは、終身払いとなっているものです。

 

亡くなるまでずっと払い続けることを想定しなければならず、年金などで工面できるか、その検討も必要です。

またがん保険や医療保険など、何をメインに置くかもこの場合はとても大事になります。

 

このような部分に注意を向けつつ何歳まで加入できる保険なのかを確認しましょう。

将来的に保険の見直しをする際、乗り換えたくても年齢で引っかかって乗り換えられないことも。

そうならないよう、加入年齢で判断し、その中で保障内容の確認を行えば、理想のものに出会えるはずです。

 

 

まとめ

 

満期になる時期も、満期保険金も契約をする時点である程度分かっています。

 

また、いつぐらいに満期を迎えるのかについても、保険会社からアナウンスを受けるはずです。

できれば引き続き契約してほしいという思惑があるからですが、この機会に見直しをすることが求められます。

 

たとえ現状に満足していても、同じような保障内容で保険料が安い保険会社が存在するかもしれません。

使い道などを含め、計画的な行動をしておけば、満足のいく形で保険をつなげられることでしょう。