保険契約について知っておくこと

保険 業界ランキング保険

保険契約をするときの選び方や申し込みについて、知っておく方が良いことがあります。

保険契約の見直しをするときも誰に相談すればいいのか、悩みますね。

保険を選ぶときの基準は、何を基準にすればいいのか、業界ランキングなどを参考にしても良いものなのか、いつの間にか街中やショッピングモールに現れた保険のお店など、信頼して相談できるのか、などについて解説しています。

 

 

スポンサーリンク

保険の選び方の基準は業界ランキングで選んでいいのか?

保険 業界ランキング

保険の選び方を考えるときの基準は何にすべきなのでしょう。

結局、どこの保険も同じでしょう、と思ってしまいます。

業界のランキングを目安にするとしたら、ランキングのどの部分を見れば良いのでしょうか。

売り上げや顧客満足度のランキングをついつい参考にしていませんか。

本来は、保険商品の中身が、自分のニーズに合っているのかで、選びたいです。

しかし、見極めるだけの知識もないということが現実です。

ランキングで選ぶとするなら、売り上げや会社規模ではなく、「格付け」は一つの目安にして、良い基準です。

格付けでは、保険会社の財務内容などの健康状態で、格付けされています。

つまり、簡単に潰れることがないランキングということになります。

 

 

スポンサーリンク

保険の見直しのポイントは誰に相談すればいい

保険の見直し

今加入している保険が、自分にマッチしているのか、いないのか。

あるいは、保険料を安くすることはできないのか。

これは、保険の見直しを考える場面のことです。

どこに行って、誰に相談すれば、いいのか、迷いますね。

 

相談するときに、気になることは、調子の良いことを言われて、進めるままに保険を加入し直して、実は損をしてしまっていることです。

ですので、なるべく客観的に相談できる相手として、ファイナルプランナーの名前が上がります。

しかし、ファイナンシャルプランナーも、資格を活かして、仕事としている人ですので、完全に客観的にアドバイスを受けることは、難しい可能性があります。

 

そこで考える最も公平な目線を持ってアドバイスをしてくれる相手を考えますと、ファイナンシャルプランナーの資格の有無は、必須ではなく、多くの保険会社の商品(保険)を扱って、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分のニーズにあった内容で説明してくれる担当者がいいことがわかります。

実際には、複数の保険会社の窓口を兼任している法人がそうです。

 

 

スポンサーリンク

保険は海外旅行当日にも加入できる

海外旅行 保険

海外旅行も身近なものになり、行く方も増えています。

海外旅行にも、保険は必須です。

クレジットカードにも、海外で適用される保険が付いたものがありますが、実際にはかなり限定的であり、保障される金額についても、高くはありません。

ご存知かもしれませんが、海外での医療費は日本に比べて、かなり高額です。

そこで保険会社の旅行保険の必要性があるのです。

各社が保障する金額や保険がカバーする内容には、違いがありますので、自分のニーズと合うかどうかのチェックが必要です。

 

 

スポンサーリンク

20代には保険は必要なのか

20代 保険

20代には保険が必要ないという人がいます。

確かに、20代で独身の場合、死亡補償は、必要ないでしょう。

しかし、20代で保険を始めるべき最大のメリットがあります。

安い保険料で、保険を始めることができることです。

20代で、守るべき自分の家族がいないということならば、貯蓄型の保険から始めると良いです。

また、現代のように、社会情勢の未来が不透明なときには、保険は就業不能となったときにもカバーしてくれます。

 

 

スポンサーリンク

保険に加入するなら年齢はいつからか

保険年齢

保険には年齢はいつから加入するのか。

若い年齢から加入すれば、保障内容が同じでも、保険料はとても安い。

50代で加入する場合、20代で加入するのに比べると、保険料は倍くらいになってしまいます。

若い年齢から、加入することには、大きなメリットがあります。

 

 

スポンサーリンク

保険の窓口とは何を相談できるのか

保険の窓口

街中でも見かけることが多くなった、「ほけんの窓口」という会社があります。

ほけんの窓口とは、実体はどこの会社なのか、何をしてくれるところなのかについて解説します。

ほけんの窓口とは、40社以上の保険商品を扱う、保険ショップです。

相談料は、無料です。

相談内容に合わせて、保険プランを3〜4つ程度提案してくれます。

良い評判と悪い評判もあります。

詳しくは、本編のページを参照してください。

 

 

スポンサーリンク

保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?

医療保険

お金に関する雑誌には、保険に入らないことをすすめる記事を、見かけることがあります。

保険に入らないことのメリットがあるのでしょうか。

もしも、保険に入らないとすれば、医療保険に限られます。

健康保険の高額医療費制度があるからです。

大きな費用になった場合、自己負担は3割で済みます。

入院してしまったときに、個室に入りたいという人は、医療保険に入っておくべきですね。

医療保険に入らない人は、その代わりに貯金をしていることに、ご注意ください。

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 保険について考える|契約・仕組み
  2. 保険の契約と仕組み|知らないと損することもある。
  3. 保険契約について知っておくこと(当記事)
  4. 保険の仕組みを知っておかないと損をする
  5. 保険の見直しのポイントや相談は誰に聞けばいいか?おすすめはネット?
  6. 保険を選ぶ基準は業界ランキングで選んでいいのか?
  7. 保険は海外旅行当日にも加入できるってホント?
  8. 20代に保険は必要ないは間違い!おすすめは女性なら貯蓄型
  9. 保険に加入するなら年齢はいつからがいい|年齢には保険年齢がある
  10. 保険の窓口とは何を相談出来るのか?気になる評判と取り扱い保険
  11. 保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?
  12. 保険をネットで申し込む際に気を付けるべきコトは?
  13. 保険は貧乏な人でも入れるものなの?
  14. 保険のクーリングオフは何に気を付ければいい?
  15. 保険の契約の前に確認すべきことって何がある?
  16. 保険は独身は現金あれば不要!家族は困る相手の金額分で掛け捨て
タイトルとURLをコピーしました