株式投資を始める前にこれだけは知っておこう!3つのポイント

株を始める金融
株を始める

・株式投資を始める前に勉強が必要かどうか

・株式投資を始める前に用意すべき金額

・初心者にオススメの証券口座

 

株式投資へはどんなイメージをお持ちですか?

「株式投資は難しい」

「株式投資は危険だ」

「株式投資は多額のお金が必要だ」

と思っている人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

 

株式投資は、正しい準備をすれば、誰でも始めることができる投資です。

今回は、株式投資を始める前に準備しておくべきこと、について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

株を始める前に勉強は必須

株の勉強

株の勉強

 

株を始めるに前に勉強は必要かどうか、という質問がよくあります。

勉強という言葉を聞くと、できればやりたくない、と思う人も多いでしょう。

 

しかし、株を始めるには、勉強は必須です。

勉強なしで、自分が思うままに株を買ってしまっては、それはもう投資ではなく、ギャンブルです。

 

投資を始める前から、投資したお金を全て失っても良い、とはとても思えませんよね。

投資を始める前に勉強をすることは、自分の財産を守るために、必要な行動なのです。

そうはいっても、いきなり全てを完璧にする必要はありません。

投資を始める上で、最低限知っておくべきことを、確認しておきましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-benkyouhouhou/ target=]

 

 

スポンサーリンク

株式投資を始める前の具体的な勉強法を3つ紹介

 

株を始める

株を始める

勉強の必要性を、理解していただけだとしても、具体的に、どのように勉強すればよいか分からければ、何もできません。

ここでは、具体的な勉強法について説明していきます。

主な勉強法は次の3つです。

・ 書籍を読む

・ ネットの記事を読む

・ 周りで株をやっている人に直接聞く

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

書籍を読む

書籍のメリット・デメリットをまとめると、次のようになります。

 

メリット

・一度購入すれば、自由にアレンジができる。

・分からないところは、何度でも読み直すことができる。

・愛着がわいてくる。(勉強に身が入る。)

 

デメリット

・購入が必要なため、費用がかかる。

・書籍の大きさによっては、持ち運びが不便。

・さまざまな種類の本があるため、自分に合っているものを見つけるのが大変。

 

書籍の良いところは、一度購入すれば、自分の物として、自由に使えるところです。

マーカーを引いてみたり、付箋を貼ってみたりして、自分だけの参考書に、仕上げることができます。

結果として、自分が苦手なところは、すぐに繰り返し読めます。

 

一方で、株の本となると、厚さのある本も多く、持ち運びはしづらくなります。

そうなると、勉強できる場所が、限られてしまいます。

また、多かれ少なかれ費用はかかりますし、自分に合った本を探すのに、時間を使ってしまます。

ですので、株を始める前から多大な時間や費用を消費してしまう可能性があります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-hon-2/ target=]

 

ネットの記事を読む

ネット記事のメリット・デメリットをまとめると、次のようになります。

 

メリット

・コストなしで、膨大な量の記事を読むことができる。

・スマートフォンで、スキマ時間にいつでも読める。

・世界の情報を得ることができる。

 

デメリット

・情報が全て正しいとは限らない。

・記事が多すぎて、必要な情報のみを集めるのは、難しい。

・無料のため、身が入らない。

 

ネット記事の良いところは、スマートフォンさえあれば、いつでも、無料で記事を読むことができることです。

現代人は、忙しい人が多いですので、スキマ時間を上手に活用できるのは、うれしいですね。

 

一方で、無料であるが故に、気持ちが入らず、読んでいても、全く頭に入ってこない、ということもよくあります。

また、読む側も無料であれば、投稿者も無料です。

間違った情報を投稿したとしても、罰則があるわけではありませんので、事実を誇張して伝えてくる人もいます。

 

ネット記事で勉強する場合には、正しく読み解く能力も必要になるでしょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-jouhou/ target=]

 

周りで株をやっている人に直接聞く

直接話を聞くメリット・デメリットをまとめると、次のようになります。

 

メリット

・失敗体験を聞くことができる。

・自分の疑問について、質問がしやすい。

 

デメリット

・その人の経験が、自分に当てはまるとは限らない。

・周りに経験者がいるとは限らない。

 

経験者に聞くという勉強方法は、誰もができるわけでは、ありませんが、非常に有効な手段です。

なぜかというと、失敗談は経験者からしか、聞くことができません。

また、人それぞれ、分からないところは違います。

自分が分からないところを、遠慮なく質問できることは、大きなメリットです。

 

お互いに固くならないために、お酒を交える場であっても良いと思います。

周りに運用している人がいれば、積極的に聞いてみましょう。

ただし、いくら知り合いといえども、全く何も知らずに、基本的な質問ばかりしてしまうと、相手も嫌な気持ちになるかもしれません。

 

どちらにせよ、書籍やネット記事での勉強は必要になると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

株を始める前にまずは10万円用意しよう

株を始める (1)

株を始める (1)

 

投資である以上、株を始めるためには、初期費用が必要です。

しかし、具体的に、どのくらいの金額を用意すれば良いのか分からない、という人は多いと思います。

実際に、費用に関しては、明確な答えはありません。

 

では、どれくらいが目安となるのでしょうか?

一般的には、まず10万円は用意すべき、と言われています。

例えば、厳しい条件を満たした会社のみが登録できる、東証一部の銘柄であっても、約2100社中600社以

上の株を、10万円以下で購入することが可能です。

10万円あれば、それなりの有名企業の株を購入することが、できるのです。

 

もちろん、10万円では1社しか投資ができません。

利益を安定して出すためには、さらに投資が必要ですので、随時、投資に回せる資金を、準備するようにしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

株を始めるための口座を用意しよう

 

 

最後に、株を始めるにあたって、必ず準備する必要があるものが、証券口座です。

証券口座には大きく分けて、次の3種類があります。

・一般口座

・特定口座

・NISA口座

 

 

それぞれに特徴はありますが、初心者としてスタートするのであれば、特定口座を開設してください。

さらに、特定口座の場合「源泉徴収あり・なし」を選択する必要がありますが、「源泉徴収あり」を選んだ方が良いです。

 

すると、株式を購入後の利益・税金の計算を、証券会社が代わりにおこなってくれるため、自身で計算する必要がなくなります。

 

また、多くの証券会社がありますが、まずは10万円以下の投資から株を始める、ということであれば、次の3つの証券会社がオススメです。

・楽天証券

・SBI証券

・松井証券

 

 

これらの3つの証券会社では、10万円以下の約定売買手数料が無料です。

手数料が発生すると、特に初心者は、売買のタイミングを逃してしまう可能性があります。

無料であれば、安心して取引が可能です。

 

しばらく株取引を経験し、それぞれの証券口座や証券会社のメリット・デメリットを理解することです。

自分にとって利点のある口座が他にあると思えば、後から作り直すことができます。

まずは、安心して取引できる環境を作ることから始めましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、株を始める前に準備するべきものについて解説していきました。

もう一度まとめると

・株は投資である以上、始める前には、勉強が必須

・周りに株を運用している人がいれば、その人に聞くのが一番の勉強法

・投資のために、まずは10万円を用意する

・特定口座(源泉徴収あり)を、10万円までの取引手数料が無料の証券会社で開設する

となります。

 

株は正しい知識と、無理のない運用を続けていけば、初心者でも上手に始めることが可能な投資です。

まずは、基本的な知識を、しっかりと身につけ、株式投資を始めてください。

タイトルとURLをコピーしました