投資ファンドとは何?重要な金融ワードを解説

投資ファンドとは投資に関心のある方ならば、よく聞く言葉だと思います。

簡単に言うと、個人や金融機関、年金基金などの機関投資家から集めた資金を運用し、その資金を運用することで得たリターンを出資者に配分する仕組みが投資ファンドです。

金融業界では重要な言葉ですし、これから投資をする方もすでに行なっている方もぜひ知っておかれた方が良い言葉です。

詳しく解説していきます。

 

 

投資ファンドとは何?重要な金融ワードを解説

投資 ファンド

 

前述の通り、投資ファンドとは出資者から集めた資金を一つの大きな資金としてまとめて、資金運用のプロがその資金を分散投資するなどして得た利益を、投資金額に応じて配分するという仕組みのことです。

ちなみに、機関投資家とは株式や債券などの有価証券へ投資を行うことを主な業務としている法人のことです。

例えば年金基金、銀行、生命保険会社などがそうです。

 

また、投資ファンドはその仕組みを運営する組織や機関のことを示す場合もあります。

このように、投資ファンドには2通りの意味があります。

 

 

知っておくべき3種類の投資ファンド

3つのファンド

 

投資ファンドには、3つの形態があります。

投資信託、ヘッジファンド、企業投資ファンドの3つです。

 

 

投資信託について

投資信託は一般的に運用方法に制限があり、相場が一方に動いた場合に利益が出る仕組みの物が多いです。

 

また、投資信託は公募の場合が多く誰でも購入可能です。

運用は市場によって変動しますので、利益を上げられることもありますが、損をする場合もあります。利益が出た場合は、投資額に応じて配分されますし、損が出た場合も同様に出資者に帰属します。

元本保証はありません。

 

ヘッジファンドについて

ヘッジファンドは投資信託と異なり、自由な運用が可能です。

市場の上げ下げとは関係なく利益をえることを目標としているのがヘッジファンドです。

 

ファンドマネージャーは先物取引など効率の良い運用により、積極的に利益獲得に集中します。

そして、ヘッジファンドは誰でも出資可能というわけではなく、限られた人のみが出資可能な思慕型ファンドであることが多いです。

そして大口の購入が多いです。

 

企業投資ファンド

企業再生ファンドなどが有名です。

業績が悪化した企業や事業部門を安く購入し、企業や事業部門を蘇らせます。

そして株式公開や債券による値上がりになったときに売却することで利益を得るファンドです。

 

このように、投資ファンドは主に3つあります。

個人が投資することが可能なのは、投資信託です。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/tousi-bank/ target=]

 

 

誰でも購入可能なファンド・投資信託について詳しく解説

投資信託

投資信託は個人が投資することが可能です。

投資信託は、資金を集め、そのお金を運用のプロが分散投資などを行い、得た利益を配分するというものです。

 

投資信託は、個人投資家自身が専門知識を有していなくとも、運用のプロであるファンドマネージャーが、個人投資家に変わって様々な金融資産に分配投資・運用してくれます。

金融資産は様々なものがあり株式や債券、国内、海外などがあります。

 

ファンドの種類も様々でハイリスクハイリターンのものもあればローリスクローリターンのファンドもあります。

個人投資家は、自分の考え方に合ったファンドを見つけ投資することで、自分の考え方にあった運用利益狙うことができます

しかし、元本割れのリスクがあることを忘れないでください。

投資は、ご自分の余剰資金で行うべきです。

 

 

 

まとめ

 

投資ファンドとは個人や金融機関、機関投資家から集めた資金を一つにし、プロであるファンドマネージャーに運用を託して、利益配分を狙うものです。

 

また、ファンド全体には、投資信託、ヘッジファンド、企業投資ファンドという3つの種類があります。

金融業界では重要なワードなので、これから投資をしたいという方や金融業界に就職したいというような人はぜひ覚えておきましょう。

 

ただ、個人投資家の場合は、投資信託が現実的に購入可能なファンドですので、様々なファンドの特徴を近いし、自分の考え方にあったファンドに投資すべきです。

そして、実際の資金運用は、プロのファンドマネージャーがあなたの代わりに、最善の方法で運用してくれます。

ただし、運用の結果がマイナスになることもありますので、リターンの可能性もありますが、リスクも持っていることをお忘れなく。