カードローンの比較!低金利・銀行系・審査緩めでおすすめは?

カードローンのおすすめ金融

これからカードローンを利用する際には、多くサービスから選ばなければいけません。

一体、どれを利用すれば良いのか悩んでしまう人が多いでしょう。

そこで、おすすめのカードローンを紹介します。

各条件についておすすめをピックアップしているため、自分の希望に合ったサービスを見つけやすいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

カードローン比較!優先する条件は何?各社で内容が違います

ローンの申込

ローンの申込

 

カードローンを選ぶときには、内容をよく調べて検討しましょう。

それぞれの会社ごとにサービス内容が違います

 

そこで、自分が何を優先するのかを踏まえてカードローンを選びましょう。

単におすすめされているカードローンを選ぶのではなく、自分の希望を満たすかどうかを考えるのです。

自分が求めている要素を満たすサービスを探しましょう。

 

 

スポンサーリンク

カードローン比較|銀行系・条件別でおすすめは

カードローンのおすすめ (1)

それぞれの条件ごとにおすすめのカードローンを紹介しましょう。

 

カードローン比較|金利

それぞれのサービスごとに金利には幅があります。

限度額によって金利が変わるシステムのところが多いです。

限度額が大きいほど適用金利が低くなり、逆に限度額が小さいほど金利が高くなります。

 

最高金利の低いおすすめのカードローン会社は下記の通りです。

  1. イオン銀行 3.8%~13.8%
  2. みずほ銀行 2.0%~14.0%
  3. 三井住友銀行 4.0%~14.5%

 

みずほ銀行では、住宅ローンを利用していると金利が0.5%引き下げられるという制度を導入しています。

こちらの住宅ローンをすでに利用している人には、おすすめです。

 

 

カードローン比較|限度額

頻繁にカードローンを利用する場合は、限度額にこだわることをおすすめします。

限度額の高いおすすめのカードローン会社は下記の通りです。

  1. 住信SBIネット銀行 1,200万
  2. 横浜銀行、北洋銀行、福岡銀行など 1,000万
  3. 三井住友銀行、イオン銀行、みずほ銀行など 800万

 

カードローン会社のなかでも特に限度額が高くておすすめなのは住信SBIネット銀行です。

ただし、1,000万円を上回るためには条件があります。

 

それは、SBI証券口座を保有しているか、こちらの取り扱う住宅ローンの残高が残っていることです。

横浜銀行など地方銀行のサービスでは、在住や在勤している地域が限定されるところが多いため注意しましょう。

その地域に住んでいる人にはおすすめのカードローンといえます。

 

また、限度額は、審査を受けて決まります。

必ずしも、そのサービスの上限が適用されるとは限りません。

上記で紹介したおすすめの会社のサービスに申し込んだとしても、希望した条件の適用は必ずしも保証されていないため注意しましょう。

申し込んだ人の年収や仕事先、信用情報などを総合的に判断されて決まります。

後で枠を増やすことも可能ですが、そのときにも審査を受けなければいけません。

 

カードローン比較|口座開設なし

カードローンのなかには、口座開設が条件のサービスが多いです。

しかし、わざわざ口座を新しく作りたくないという人もいるでしょう。

そういう人のために、その会社の口座を持たない人でも申し込めるサービスもいくつかあります。

口座開設の不要なおすすめのカードローン会社は下記の通りです。

  1. イオン銀行・三井住友銀行
  2. 消費者金融

 

イオン銀行や三井住友銀行のカードローンは、口座開設なしで利用できておすすめです。

これらは金利が低く、限度額が高い点もおすすめできます。

 

また、消費者金融は基本的に自社の口座を提供していないため、どのサービスも口座の開設を求められずに利用できる点はおすすめといえます。

ただし、銀行系のサービスよりも金利は高いため、その点にこだわる人には向いていません。

 

ただし、審査は銀行系よりもゆるいため、銀行系の審査に通らない人にはよいでしょう。

誰がも気軽にお金を借りられるのが消費者金融のメリットといえます。

 

スポンサーリンク

カードローン比較|審査が緩めはどこ?

カードローンは、大きく分けると、銀行系と消費者金融系の2つに分かれます。

結論からいえば、銀行系で申込審査の緩いところはありません。

審査が緩いといえば、消費者金融系のカードローンということになります。

 

ただし、審査が緩いとか厳しいというのは、次の2つの点に該当する場合です。

  1. 過去に金融トラブルの経験がある
  2. 既に、借りてる先が2つ以上ある

 

上記の2点に該当しないのであれば、一般的には、特に問題は無いはずです。

上記の2点のどちらかに該当する場合でしたら、銀行のカードローンの審査としては、厳しいと思います。

 

銀行のカードローンの審査基準は、

働いていて毎月一定の収入があること

顔に金融のトラブル(返済関係)がないこと

他社のカードローン等がないこと

という条件が一般的です。

 

具体的に収入の額がいくらあるかなどは、借入限度額の設定にも影響しますので、一概には言えません。

最初は、少額の限度額設定にして、実績が出来たときに、増額申込をすると、限度額を増やすことも出来ます。

最初から、大きな額を申し込むと、審査基準を満たしていても、不承認される場合があります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

各条件についておすすめのカードローン会社をまとめました。

どの条件を重視するかで、適したカードローンは異なります。

今回紹介したおすすめの会社情報を参考にして、どのカードローンを利用するのか検討してみましょう。

 

  1. カードローンの金利計算と各社の比較
  2. カードローン低金利なのはどこなのか?
  3. カードローンの審査が通らない!履歴に延滞等が残っているかも?
  4. カードローンはみずほ銀行|低金利でお得に利用できる|必見!
  5. カードローンの比較!低金利・銀行系・審査緩めでおすすめは?(当記事)
  6. カードローン|即日融資可能で審査が甘いカードローンは存在する?
タイトルとURLをコピーしました